口臭が気になる

「人と会ってお話する機会が多いので、口臭が気になります。口臭の原因になるものや、予防方法があれば教えてください。」

口臭の原因と予防方法

口臭は自分では気づきにくいと言われているので、気になる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、なぜ口臭が起こってしまうのかその原因についてお伝えします。

 

口臭の原因になるものは?

1,口内環境

一番は口内環境が清潔に保たれていないことです。

 

歯の食べカスが残ってしまっていると、それにバクテリアがついて口臭の原因になったり、腐敗した食べ物の臭いが口臭となってしまうことがあります。

 

2,口が乾いている

普段は唾液によって湿気が保たれていますが、口が乾いてしまうと、死んだ細胞が口の中に蓄積されてしまうので、それが口臭の原因になってしまいます。

 

緊張した時などは口が乾きやすいと言われています。

口が乾いていると感じたら水分を十分にとってくださいね。

 

3,食べたもの

一般的に口臭の原因になりやすいと言われている食べ物、にんにくや玉ねぎなどは直接的な口臭の原因になります。

 

これは刺激臭がある成分を含んでいるので、胃や肺から口を通して臭いが上がってきます。

 

4,ストレスや胃腸などの病気

ストレスがたまっていると消化酵素が十分に作られず、口臭につながることがあります。

 

また、腎臓や肺に疾患があると悪臭の原因になるので、歯磨きをしても口臭が気になるという人は病院で検査を受けてくださいね。 

終わりに

口臭は自分では気づきにくい分敏感になってしまいますよね。

口内環境を清潔にすることで口臭は防げますし、歯の健康も保てるのでぜひ普段からお口を清潔にしていきましょう。

 

また、口臭予防の方法についてはこちらに記載しておりますので、ぜひご確認ください。

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら