歯医者ブログ

歯周病のサイン?歯茎から血が出る原因

歯を磨いていて、歯茎から出血する経験をしたことがある方は多いでしょう。

出血があっても特に痛みがないので、そのままにしているという方は、注意が必要です。

歯茎から血が出る原因の90%以上は歯周病です。

お口の中の病気というと、虫歯を思い浮かべますが、実は歯を失う原因の1位は虫歯ではなく歯周病と言われています。

歯周病は日本人の8割がかかっていると言われるほどの国民病で、小学生から大人まで幅広い年齢の人が歯周病になっていることが分かっています。

歯周病の症状は、初期の段階であれば、歯茎の腫れと出血だけです。

この時期にきちんとした治療を受ければ健康な状態に戻ることができますが、痛みがないために、多くの人はこの状態を放置してしまい歯周病が悪化していきます。

歯周病は進行性の病気なので、放置して自然に治ることはありません。

ゆっくりとですが、症状は確実に進んでいきます。

歯周病の症状としては、歯茎から出血する以外に歯茎が腫れ、歯がしみたり口臭が強くなったりします。

中期になると、歯を支える骨が溶かされてしまい、歯が浮いたような感覚になります。

歯茎から膿が出ることもあります。

骨がなくなることで、歯茎の位置が下がっていくので、歯が伸びたように感じることがあります。歯と歯の間に隙間ができて、食べ物がはさまりやすくなるという患者さんも多く、繊維質の食事が噛み切れなくなってしまいます。

この段階までくると、口臭など日常生活に差しさわりが出てきます。そのまま放置していると、重度の段階に入り、歯を支える骨が更になくなるので、歯がグラグラして噛みにくくなります。

固い物はもちろん、食べにくい食事が増えことでしょう。この段階まで来てしまうと、歯には問題がなくても、骨がないので自然に歯が抜け落ちてしまうことがあります。

歯茎からの出血がよくあることと感じているようなら、歯周病にかかっている可能性が高いです。自覚症状がないままに進んでいき、気づいた時には重症化しているということは珍しくありません。

鏡を見て歯茎がブヨブヨと腫れていたり、膿が出るようでしたら、すぐに受診しましょう。

治療と共に、自宅での歯磨きを気を付けることで、歯茎の状態は大きく改善します。

出血があったり、歯茎が腫れるのは年齢のせいではありません。最近は子供でも歯周病になることが増えているので、一度歯茎が腫れていないか確認してみましょう。

 

大阪梅田の歯医者なら大阪デンタルクリニック

インプラントバナー 矯正バナー