歯医者ブログ

知っておきたい虫歯の予防方法

一昔前までは、虫歯ができることは当たり前だと考えられていましたが、今では予防法が確立されていて、虫歯を作らないお口の環境にすることが可能になりました。

虫歯にならないための効果的な予防方法は、大きく分けて3つあります。

 

1つ目は、毎日の歯磨きです。

食事の後、歯を磨かないでいるとプラークと呼ばれる細菌の塊が作られます。

プラークからは酸性の物質が排出されていて、酸によって歯が溶かされることで虫歯が発生します。歯磨きをすることで、プラークができないようにします。

歯磨きというのは、習慣でなんとなく行っている人が多いですが、ポイントに注意するだけでお口の中を格段にきれいにすることができます。

汚れが残りやすいのは、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝の部分です。

デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助具を使うと、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間もきれいにできます。

歯磨きは、食後30分ぐらいに磨くといいでしょう。

食後すぐ磨いてしまうと、食事に含まれる酸によって、歯を傷つけてしまいます。

また、歯を磨く際にはフッ素入りの歯磨き粉を使うようにします。フッ素は歯を強くする成分なので、毎日使うことで虫歯になりにくい歯にすることができます。

 

2つ目は、砂糖を含む食べ物を摂る頻度を減らすということです。

砂糖は、プラークを作る材料になるとともに、酸を作り出す元にもなり、虫歯の大きな原因になります。

甘いお菓子だけでなく、煮物などもに砂糖は含まれていますが、できるだけ砂糖の量を減らすように意識してみましょう。

炭酸のジュースや清涼飲料水には、思っている以上の砂糖が含まれていることもあり、飲むのが習慣になっている人は注意が必要です。

 

3つ目は、定期的な歯科検診を受けるということです。

歯科医院は痛くなったら行く場所ではありません。最近は予防の考え方が普及してきて、痛みなどの症状がなくても検診に行くことで健康な歯を守る人が増えています。

もし虫歯ができてしまっても、痛みが出る前の初期段階であればすぐに治すことができます。

虫歯や歯周病といったお口の中の病気は、進行性なので放置していても自然に治ることはありません。

病気にならないように検診を受け、病気になってしまったら早く治療をすることが、とても重要になります。

この際に、自分のお口に合った歯の磨き方や、歯のクリーニングをすることで清潔な状態を常に保つことができます。

 

大阪梅田の無痛治療なら歯医者の大阪デンタルクリニック

インプラントバナー 矯正バナー