歯医者ブログ

歯が黄ばんでしまう原因って?

芸能人のように白い歯って魅力的ですよね。

歯が白いと顔の印象まで違って見えます。

 

歯は、表面を覆うエナメル層、その内側にある象牙質、中心部にある歯髄の三層でできています。

歯の色を大きく決定するのは象牙質によるものなのですが、東洋系の黄色人種は、もともとこの象牙質が黄色味を帯びています。

また、エナメル層の厚さや透明度、凹凸によっても歯の色がどのように見えるかは変わってきます。

ただ、歯が黄ばんでしまうのには、歯のもともとの色だけではなく、普段の生活習慣によるものがあります。

コーヒーやチョコレートなど、色の濃い飲み物や食べ物を摂ることが原因の1つともされています。

コーヒーやチョコレートなどの濃い色の食べ物や飲み物の色素が、歯の表面のエナメル層に付着していき、だんだんと目に見える形で歯が黄ばんで見えるようになっていくのです。

ポリフェノール、タンニン、カテキンが多く含まれる飲み物や食べ物、色の濃い食品は、歯が黄ばむ原因になります。

また、喫煙によるタバコのヤニが歯の表面に付着し、歯の黄ばみがより目立ってしまうのです。

タバコは、歯が黄ばんでしまう原因になるだけではなく、タバコを吸わない人よりも歯周病にかかりやすくなっています。

口呼吸も、歯が黄ばんでしまう原因の一つになります。

唾液には口の中を清潔に保つ洗浄効果がありますが、口呼吸によって口の中が乾燥すると、唾液の洗浄効果が少なくなるのです。

唾液の洗浄効果が少なくなると、本来なら付着しないステインやプラークが付着して歯が黄ばんで見えてしまいます。

また、唾液には口の中の細菌をやっつける効果もあるので、口呼吸によって歯が黄ばんでしまうだけでなく、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

虫歯になることで、歯が変色してしまう原因になるので注意が必要です。

また、加齢によっても歯が黄ばんでしまうことがあります。これは加齢によて象牙質がどんどん黄色くなるためです。

日々の生活習慣で黄ばんでしまった歯は、歯みがきで取り除くことはできません。

加齢による歯の黄ばみは自分ではとめられませんが、生活習慣による、コーヒーやチョコレートなど、色の濃い飲み物や食べ物を摂ることやタバコの喫煙による歯の黄ばみ、口呼吸などは日々の自分の行動で歯の黄ばみを抑えることができます。

ただ、全く色の濃い食べ物や飲み物を避けることはできないので、食べたり飲んだりした後は、汚れをおとすために歯みがきをすることも大切です。

 

大阪梅田の歯医者なら大阪デンタルクリニック

 

インプラントバナー 矯正バナー