歯医者ブログ

歯に悪い食べ物

虫歯になって激しい痛みでも出ない限り、あまり歯の健康について顧みることはありません。

しかし、歯は人間が食べものを摂取するために欠かせない存在であり、もし数が減ってしまえば満足に食事も摂れなくなって生活の質も著しく低下してしまいます。

普段何気なく食べている物の中にも、歯に悪影響を与えてしまう食べ物があります。

食べれば食べるほど虫歯になる確率が上がるので、年を取っても健康な自分の歯を維持するためにできるだけ食べないようにすることが大切です。

 

一般的に歯に悪いとされている食べ物としては、砂糖を多く含んだ飲み物や炭酸飲料がまず考えられます。

市販されているジュースやスポーツドリンクには意外なほど多くの糖分が含まれており、毎日飲んでいると特に子供の柔らかい歯はあっという間に溶けてしまうのです。

お菓子などと違い、飲み物は歯や歯茎の隙間に隅々まで侵入できるため糖分が長時間残りやすくなります。

しかも飲み物は時間をかけて少しずつ飲むことも多く、その間ずっと歯は糖分にさらされ続けることになります。

この糖分をエサとして虫歯を引き起こす細菌が大繁殖してしまうため、飲み物は特に要注意とされているのです。

また、飲み物以外でもドライフルーツやキャンディなど、歯にくっつきやすいものも非常に危険です。

ドライフルーツは栄養もたっぷりで身体には良いのですが、糖分が高いだけでなく粘着性があるため、一度歯にくっつくとなかなか取れません。

キャンディも長い時間口の中を糖分でいっぱいにしてしまい、細菌の繁殖を助けている形になってしまいます。

 

他にもオレンジやレモンなどの柑橘類、トマトなど酸っぱい食べ物も歯にとってはあまり良くありません。

これらの食べ物は内部に強い酸を含んでおり、歯を保護するエナメル質を溶かしてしまうことがあるのです。

酸に加えて果糖も豊富に含んでいるため、歯を溶かした上に細菌の繁殖を促進してしまうという困った事態を招きかねません。

もちろん、適度な量を食べる分にはあまり心配しなくても良いのですが、毎日食後のデザートとして食べている人などは要注意です。栄養面で見れば非常にメリットの多い食べ物なので、完全に排除するのではなく食べた後にすぐ歯磨きをしたりうがいをするようにすれば良いでしょう。

このように、普段食べている物の中にも歯に悪影響を与えるものがあるので、歯の健康に不安を感じている人は注意しておくようにしましょう。

 

 
インプラントバナー 矯正バナー