歯医者ブログ

親知らずの虫歯をつくらないために!知っておきたい親知らずのこと!

みなさんが一度は耳にしたことがある「親知らず。」
親知らずは生えてくる人もいれば、生えてこない人もいます。親知らずが生えてきても、なにも影響がなければ良いですが、時に親知らずは、虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなります。

 

「親知らずって抜いた方が良いの?」と親知らずについてたくさんの疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

今回は、親知らずが生える原因からその影響、親知らずは抜くの?抜かないの?などの疑問にお答えします。

これを読めば、あなたも親知らずについて丸わかりです!

 

■親知らずとは?

親知らずとは、大人の奥歯の中で最も後ろ、口の中の一番奥に生える歯です。正式名称は第三大臼歯で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

親知らずは、一番前の歯から数えて8番目にあり、永久歯の中で最後に発育します。

 

永久歯は通常15歳前後で生えそろいますが、親知らずは生える時期が10代後半から20代前半で、親に知られることなく生えてくる歯であることから、親知らずという名前になったともいわれています。

 

■親知らずが生えるメカニズム

親知らずは、上下合わせて4本ありますが、必ずしもすべての人に生えるというわけではありません。

1本だけ生えたり、4本すべて生えたりと、人によって様々です。

では、なぜ親知らずは生えてくる人と生えてこない人がいるのでしょうか?

ここでは、親知らずが生える仕組みについてご紹介したいと思います。

 

親知らずには、人類の進化の過程が深く関係しています。

古代人は、今と比べて固い物を食べていたので、あごが大きく発達していました。

固い物を食べることであごが発達するだけでなく、歯のすり減りも多かったと予想されています。

そのため、他の歯に少し遅れて親知らずを形成して、他の歯のすり減りを補ったといわれています。

 

しかし、現代では、昔と比べて食べ物が柔らかくなり、よく噛んで食べる機会が少なくなりました。

これによってあごが大きく発達しにくくなっています。

そのため、親知らずが成長するスペースもなく、すり減りも少ないため、親知らずが生えてこなかったり、親知らずが生えても、スペースが狭く正しい向きで生えてこない場合があったりします。

 

■親知らずによっておこる歯へのトラブル

・歯茎の腫れ

 親知らずは、一番奥に生えていて、正しい方向に生えていなかったり歯磨きがしにくい場所であったりします。

そのため、汚れや細菌が溜まりやすく、それが歯茎への痛みや腫れに繋がります。

とても悪化している場合、膿がでたりする場合もあります。

 

・虫歯や歯周病

 親知らずは、歯ブラシが届きにくいので、十分に歯を磨けていないと親知らずと手前の歯の間に汚れや細菌が溜まります。それが、虫歯や歯周病を引きおこしてしまいます。

 

・歯の痛み

 親知らずが斜めに生えている場合や、まっすぐに生えているがスペースがない場合には、周りの歯を圧迫したり、歯肉を傷つけたりすることがあります。

埋まっている親知らずであっても、周りの組織を圧迫して痛みが生じるときがあります。

 

・歯並びが悪くなる

 親知らずがまっすぐに生えていないと、手前の歯が押されて歯並びが悪くなるときがあります。

 

・口臭

 親知らずの周りに歯垢が溜まると、それが口臭の原因を引き起こすときがあります。

 

■親知らずを抜いた方が良い場合

親知らずは抜いた方が良いの?生えてきている歯だからそのままにしておいた方が良いの?と疑問の声をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

ここからは、親知らずを抜いた方が良い場合と、親しらずを抜かなくても良い場合についてご紹介します。

 

・親知らずが虫歯になってしまった場合 

 親知らずは一番奥に生えているため、虫歯になってしまうと他の歯と比べて治療がしにくく、治療器具も届きくいので、その後の手入れも難しいです。

また、治療ができたとしても、再び虫歯になる可能性もあるため、わざわざ残しておくのであれば、あえて治療をせずに抜いてしまった方がよい場合があります。

 

・親知らずがまっすぐ生えていないとき

 親知らずが横向きに生えていると、そこに歯垢が溜まり、歯周病や虫歯を引き起こす場合があります。

また、親知らずが横向きに生えていると歯茎が腫れたり、周りの歯が痛くなったりする場合もあります。

その場合は、なるべく早めに抜く方が良いでしょう。

 

■親知らずを抜かなくても良い場合

・親知らずが上下にまっすぐ生えて、かみ合っているとき
 親知らずがきちんとまっすぐに生えていて、周りの歯や歯茎に影響を及ぼさなければ、抜く必要はないでしょう。また、上下の親知らずがきちんとかみ合っている場合も、そのままにしておいて良いでしょう。

 

・入れ歯やブリッジの土台として、親知らずが必要なとき

 ある程度まっすぐに親知らずが生えていると、前方にある第一大臼歯や第二大臼歯をなくしたときでも、親知らずを削ってブリッジの土台に使ったり、入れ歯のバネをかけたりできます。

 

また、親知らずより手前にある歯を抜かないといけなくなった場合に、抜いた歯の部分に親知らずを移植して、再びかめる状態にする治療法があります。

そのため、親知らずを残しておいたほうが良いこともあります

 

大阪デンタルクリニックは、無痛治療をモットーに、歯医者=痛いという先入観を取り除く治療を行っており、初めての方や歯医者が苦手な方でも、楽しく通院できる歯科を目指しております。

 

また患者様からは、「歯の健康に対する意識が高まった」「先生や衛生士さんがとてもやさしく、治療や指導もとても丁寧だった」「治療の説明もわかりやすく、治療の工程がわかるのでとても安心」などというお声をいただいております。

 

当院は大阪駅から徒歩5分の場所にあり、土日診療も致しております。

そのため、患者様の急なお口の中のトラブルにも迅速に対応できるだけでなく、とても忙しくてなかなか歯医者に行けないという方でも、駅近なので気軽にお立寄りいただけます。

 

多くの方のお口の中のお悩みを、一人ひとりにあった形で解決し、より日々を楽しく過ごしやすくするお手伝いをいたします。

ぜひ、お口のトラブルでお困りの際は、大阪デンタルクリニックへお越しください。

 

大阪梅田の歯医者なら土日曜診療の大阪デンタルクリニック
http://osaka-dental-clinic.com

インプラントバナー 矯正バナー