歯医者ブログ

口臭の原因はインプラント!? インプラントで口臭を生まないための対策とは?

最近、「インプラント」という治療法をよく聞きますよね。
実は、このインプラントが口臭の原因となることがあるのです。

 

これからインプラントを始める方は勿論、それ以外の方も今後の参考として、口臭で悩まないために、今回の内容を知っていただきたいです。

今回は、インプラント治療と、手入れの必要性についてお伝えします。

【インプラントとは】

インプラントとは、口腔内の骨に人工で歯の根っこを作り、その上から新しい歯を作る方法です。
従来の治療方法との違いは、デメリットがほとんどない事です。
入れ歯のように、使わない顎骨がやせ細ってしまったり、ブリッジ治療のように、健全な歯を削ったりするようなことがありません。

 

一度インプラントを装着すれば、違和感や痛みを覚えることなく、歯が本来持っている機能を保てるのです。

今までは人工の歯が骨と定着するのを待つために、2~6ヶ月以上必要としていましたが、技術の進歩により、症状によっては、即日で出来る場合もあるそうです。
ぜひ、将来の歯科診療おける選択肢の1つとして、インプラントの事を頭に入れておいてください。

【インプラントが口臭の原因になる理由】

自分の歯と同じように使えるインプラント治療。
デメリットはありませんが、気を付けなければならないことがあります。
それは、装着後のケアです。

 

人工の歯だからと言って慢心していたり、術後検診の期間を伸ばしたりしてしまうと、口臭が発生してしまうようになります。

では、インプラントにおける口臭の具体的な原因を見ていきましょう。

 

1,ブラッシングが不十分、磨き残し

自分の歯のように扱えるインプラント治療ですが、自分の歯と全く同じではありません。
人の手では埋められない小さな隙間などが、どうしても出来てしまう事があります。
そこに磨き残しや歯垢が溜まってしまうと、口臭の原因と成ってしまうのです。

 

インプラントにしたら、歯医者に必ずブラッシングの方法を確認しましょう。

また、定期的な歯垢除去も欠かせません。

インプラントにした歯は無事かもしれませんが、隣の歯に影響を及ぼしてしまいます。
歯垢を溜めないようなブラッシングと口腔ケアを心がけてください。

 

2,インプラントのパーツ

人工である以上、使い続けていれば消耗してきてしまいます。
ねじが緩んだり、パーツに隙間ができたりしてしまうことも考えられます。

 

それを放っておいてしまうと、雑菌が繁殖し、口腔環境が悪化していってしまうのです。

勿論、自分で対処できる問題ではありません。
インプラントに違和感を覚えたら、スグに検診に向かいましょう。

 

3,インプラント周囲炎

インプラント治療後に細菌などの影響で炎症を起こしてしまうこともあります。
その症状は、インプラント周囲炎と呼ばれるのです。
そうなると、歯茎が腫れてしまったり、膿んでしまったり、出血したりして、口臭の原因となってしまいます。

 

歯科医で定期的に歯垢を除去して予防したり、定期健診で歯茎の状態をチェックしてもらったりして、インプラント周囲炎に苦しまされないようにしてください。

 

4,不規則な生活

インプラントの状態が良くても、生活習慣が悪ければ口臭は発生します。
雑なブラッシングや乱れた食生活をしていれば、体に負担をかけることになり、免疫力が低下してしまうでしょう。

 

そうなると、細菌が体の中に居る状態であるため、口臭が発生してしまいます。

規則正しい生活をして、口臭が発生しない口腔環境を保ちましょう。

【インプラント治療後の口臭対策と予防法】

「インプラントが口臭の原因になってしまうことはわかったけど、どうすれば防げるの?」
これまでの文章を読まれて、このように思われている人もいますよね。
では、早速、口臭対策と予防法について見ていきましょう。

 

1,正しいブラッシングをする

歯科医に正しいブラッシング方法を教えてもらっても、その通りにできているか不安になってしまうことはありますよね。
ぜひ、市販のチェックジェルを利用してください。

チェックジェルを使えば、どこが磨けていないかを、セルフで確認することができます。

 

また、ブラッシングは強くこすらず、細かいブラッシングを心がけましょう。

インプラントは頑丈ですが、毎日、ごしごし削られてしまえば、傷ついてしまいます。

もしかしたら、そこから雑菌が入り込んでしまうかもしれません。
優しいブラッシングだけだと不安になってしまう方は、液体のマウスウォッシュや糸付きようじを使って、徹底的に口の中を清潔にしてください。

 

2,定期的な口腔ケアを受ける

自分だけのケアだけでなく、数か月に一度は、歯科医にインプラントの状態を見てもらいましょう。
具体的な頻度は、担当の歯科医と相談して決めましょう。
口腔ケアでは、インプラントの状態確認だけではなく、歯垢や歯石の除去、クリーニングなどを行ってもらえます。

 

このようなケアを受ける事で、口内環境で異常が発生した際に、身体の対応が早まるのです。

口臭が発生する前に体の中で解決できる場合もあるでしょう。
もし、問題が発生しても、早期解決できる可能性が高いため、定期的な口腔ケアを欠かさずに行ってください。

 

3,不具合を感じたらスグに相談する

インプラントに違和感を覚えたら、スグに確認してもらってください。
ちょっとした隙間や緩みが、今後の人生に大きな影響を与えるかもしれませんよ。
その上、早期解決できれば、費用と時間もかけずに済みます。
大きな問題となる前に、相談しましょう。

 

また、セカンドオピニオンの考えも覚えておいてください。

診察に不安を覚えたり、納得できない対応をされたりした場合は、インプラント治療を行っている他の歯科医に診察してもらいましょう。

理解が不十分なまま治療しても、後々辛くなってしまうことが多いです。
十分に理解できるまで質問したり、色んな歯科医の話を聞いたりして、不安のない状態で治療に臨んでください。

 

4,セルフケアと専門家のケアを欠かさない

インプラント治療後のケアには、セルフケアと専門家のケアが欠かせません。
この2つの効果を高めるには、それぞれをしっかりと行うことが大切なのです。
予想外の事態も早期解決できるように、セルフケア、専門家のケアを不備なく行いましょう。

 

今回は、インプラントと、インプラントが口臭の原因にならないための、手入れの重要性をご説明しました。

綺麗な歯、清潔な口内・口臭を保ち、ご自身のお口に自信を持っていただければと思います。

 

大阪梅田の歯医者なら土日曜診療の大阪デンタルクリニック
http://osaka-dental-clinic.com

インプラントバナー 矯正バナー