歯医者ブログ

歯周病の怖さを体験する前に!知っておきたい歯周病の原因!

みなさんこんにちは。一般的に歯を失う原因は「虫歯」だと思われがちですが、実は「歯周病」が原因のことが多いのです。

歯周病に悩まされている人が多いのに、歯周病がどんな病気なのかあまり世間には知られていません。

歯周病のサインは歯茎の出血からですが、殆どの方はそのまま放置してしまっているでしょう。

歯周病は放って置くと恐ろしい症状を引き起こします。

そこで今回は、そんな歯周病について原因や予防法と共に詳しく解説していきます。

■歯周病とは?

歯周病(歯槽膿漏)は、口内が最近に感染することによって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目である歯肉溝の掃除がしっかりと行き届かないでいると、そこに食べかすが溜まり、たくさんの細菌と歯垢が蓄積し、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。

この症状がさらに進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目の溝が深くなり、歯を支える歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらと動くようになり、最悪の場合抜歯をなければいけなくなります。

■歯周病かもしれないサイン

40代以上の日本人の8割が歯周病を持っていると言われています。

その多くは歯周病のサインを放置してしまっています。歯周病かもしれないサインを見落としていないかここでチェックしておきましょう。

・歯茎からの出血
・歯肉が赤く腫れている
・口臭が気になる
・歯がぐらぐらしてきた
・歯が以前より長くなった気がする
・固いものが噛みにくい

上記の項目で3つ以上当てはまると、歯周病の可能性が高いです。しっかりとここで予防法を学んでおきましょう。

■歯周病の主な原因

歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)に含まれる細菌です。このプラークはほぼ最近の塊で、200~300種類細菌が存在していると言われています。

そしてそのうち10種類が歯周病を引き起こす病原菌だとも言われています。

この病原菌はジメジメとして狭いスペースの環境を好むため、歯周ポケットがその温床となってしまいます。

痛みなどの自覚症状は少ないためゆるやかに細菌は増殖し、歯茎の下にある歯槽骨を溶かしていくのです。

気付いたころには恐ろしく症状が進行しており、歯を失ってしまうことになってしまいます。

また、普段の生活習慣も歯周病の進行を促す要因にもなります。
例えば、

・歯ぎしり
・喫煙
・ストレス
・糖尿病や骨粗鬆症、ホルモン異常などの全身疾患
・不規則な食習慣

などが歯周病の進行を促す要因になります。

■歯周病の進行段階

歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の二種類に分けることができます。

・歯肉炎
歯肉炎では歯茎にプラークが付着して歯肉に炎症が起こり、軽い歯磨きの際に出血することがあります。

大きな自覚症状はありませんが、通常はピンク色の引き締まった歯肉が、歯肉炎になると、赤く丸く腫れあがった状態になります。
しかしまだ歯肉炎の段階であれば、歯磨きでしっかりとプラークを除去してあげることで、元の状態に回復することが可能です。

・歯周炎

歯周炎の状態を放置すると、炎症が歯肉から歯槽骨、歯根膜へと広がり、最終的に歯の土台を破壊してしまいます。

このような「歯周炎」の状態まで進行してしまうと、どれだけプラークを取り除いても正常な状態まで回復するのは難しいです。

進行が進むと、歯茎から膿が出る「歯槽膿漏」になってしまい、歯がぐらぐらしてきます。

さらに症状が進むと、このぐらつきが大きくなり最終的に抜け落ちてしまうのです。

■歯周病は感染する!?

歯周病は実は感染症の一種であるため、他人の唾液を媒介して感染します。

例えば、親から子供への食べ物の口移しや、恋人とのキスなども感染の原因になります。
正確に言うと、プラーク内の歯周病菌が口移しやキスした際に唾液を介して口内に移るという流れです。

必ずしも歯周病が移るというわけではありませんが、歯周病を引き起こす可能性がゼロでもありません。
たとえ移ったとしても、歯周病の初期段階ではその自覚症状に気付きにくいため、ちょっとした歯茎からの出血でもなにも違和感がないことが多いです。

■歯周病を防ぐには?

歯周病の大きな原因は「プラーク(歯垢)」です。ここでは歯周病を防ぐ予防法についてご紹介したいと思います。

・歯磨きの工夫
プラークを完全に取り除くためには毎日の歯磨きが非常に大切です。

しっかりとプラークを除去するためには、一歯ずつ丁寧に磨いていくことです。通気性が良くやや硬めの歯ブラシを使い、歯の内側と外側を軽い力で小刻みに磨いていきます。
また歯ブラシのサポーターとして、歯間ブラシや糸ようじを使って歯と歯の間もしっかりと磨いてあげましょう。

あまり歯茎に負担をかけず、優しくしっかりとプラークを取り除いてあげることがポイントです。

・定期的なクリーニング
セルフケアでも完璧に除去することはできません。歯周病の恐ろしい点は、初期段階にはなかなか痛みなどをあまり感じにくいため、症状がどんどん進行してしまうことです。

痛みや腫れに気付き始めたらそれはすでに末期状態であって、それまでほとんど自覚症状に気付くことがないのがこの病気の一番の恐ろしいところです。そのため、歯科医師による定期的なチェックとクリーニングで歯周病を予防、早期発見する必要があるのです。

・生活習慣の改善
先ほどでも述べましたが、歯周病をさらに促す要因として、喫煙・不規則な食生活・ストレスなどを挙げられます。

これらを普段から意識して辞めることで歯周病予防にも繋がります。

特にタバコのタールはヤニは歯の表面にプラークを付着させやすくし、一酸化炭素とニコチンは病原菌に対する抵抗力を低下させ、歯周病をより深刻化させてしまうのです。
不規則な食生活やストレスも病原菌に対する免疫力の低下につながるため、普段から栄養バランスの取れた食事とストレスをなるべく溜めないことが大切です。

■まとめ

以上で歯周病について詳しく解説いたしました。

多くの方が自覚症状に気付きにくいため放置しがちですが、なにごとも早期発見と早期対策が非常に大切です。
大切な歯を失うなんてことしたくないですよね。

今日から歯周病予防のために、歯磨きをいつもより念入りに磨き、定期的に歯科医院でのチェックとクリーニングもしてもらいましょう。

これを機に歯周病に関するトラブルでお困りの際は、ぜひ大阪デンタルクリニックへご来院ください。

 

大阪梅田の歯医者なら土日曜診療の大阪デンタルクリニック
http://yushikai.sakura.ne.jp/old_osaka-dental

インプラントバナー 矯正バナー