歯医者ブログ

歯が痛い!!?その原因は虫歯か否か!虫歯について!

「虫歯」になった方は多いのではないでしょうか?
日本中、世界中探しても、一般的な生活をしていて「虫歯に一回もなったことがない」といえる人は非常に少数だと考えます。
「虫歯」はそれだけ私達にとって身近な存在だということです。

 

歯が痛くなった時に虫歯かどうか知る方法や虫歯の原因はご存知でしょうか?

今回は、その虫歯の判定方法と原因についてお話ししたいと思います。

1.虫歯の判定方法

「あ、歯が痛い!!」「食べ物を食べた時だけ、痛みがする」「常にずきずき痛みを感じる」

これらの症状は全て、「虫歯」なのでしょうか?
答えは、「虫歯かもしれないし、虫歯じゃないかもしれない」です。

 

基本的には、歯科医などの専門家でないと、「歯の痛みは虫歯が原因なのか、他に原因があるのか」正確に判定することはできません。
しかし、歯が痛いお客様側からすると、原因が分からないが、なぜか歯が痛いという状態は大変だと思いますので、「その歯の痛みは、虫歯なのかそうでないのか」という簡単な判断基準を2つお伝えしたいと思います。(ここでは、虫歯、知覚過敏、歯周病を比較します。)

 

1つ目は、「痛みの発生時期、痛みの長さ」です。
基本的には、刺激を与えた時だけ、一瞬の痛みを感じるのであれば、視覚過敏です。
歯周病の場合は、食事をした後に痛みを感じるケースが非常に多いです。

 

虫歯の場合は、食事などによる刺激を与えてから、数分間続くケースが多いです。
さらに悪化してくると、何も刺激を与えていなくても、慢性的に持続的に痛む場合も出てくるので、この状態まで行くと、虫歯を判断して、すぐに治療に行くことをお勧めいたします。

 

2つ目は、「見た目」です。
視覚過敏の場合は、歯茎が下がるという特徴があり、歯が普段より長く見える可能性があります。
歯周病の場合は、ほとんど見た目に変化が現れません。
「非常に静かに進行していく病気」であるからです。
しいて言えば、悪化すると出血が多くなるということぐらいです。

 

これかを基準に一度、自分の歯の痛みは、「虫歯か他に原因があるのか」判断してみてはいかがでしょうか?
これは、簡単な判断基準ですので、正確に判断したい場合は歯医者に行くことをお勧めいたします。

2.虫歯の原因

ここからは、「そもそも虫歯の原因ってなんなの?」ということについて考えていきたいと思います。
虫歯の原因を知ることで、その原因に対して的確な治療、対処が行えるからです。

 

虫歯になる原因は、口内にたくさん存在する「虫歯菌」などの細菌です。
この虫歯菌が、糖分を取り組むことによって、多くの酸を出します。
この酸によって歯が解ける状態が長く続けば、虫歯になってしまいます。

 

しかし私達の体は非常に優秀で、虫歯菌とその虫歯菌が排出する酸に対処するための味方が存在します。
それは「唾液」です。唾液には、虫歯菌によって作られた酸を無害になるように中和させて、酸によって溶けた歯を元に戻す力があります。

 

健康的な人の口の中にも、虫歯菌と虫歯菌が排出する酸が存在しますが、唾液とのバランスが取れているので、虫歯になりません。

「唾液が少なくなる」や「虫歯菌が平均より増殖する」といった状態のよう、唾液と虫歯菌のバランスが崩れてしまうと、虫歯になってしまいます。

3.虫歯の予防

先ほど虫歯の原因は、「虫歯菌の増殖」もしくは「唾液の減少」にあるとお話しました。
予防策としては、「虫歯菌の増殖を抑える」こと、「唾液の減少を抑えること」ことがあります。

 

1つ目の「虫歯菌の増殖を抑える」方法は、常に口内環境を清潔に保つことが重要です。
具体的には、食後の歯磨きや、デンタルフロス、口内洗浄液、その他さまざまな道具を使って常に口内環境を清潔に保てるような工夫をするのが効果的です。

 

2つ目の「唾液の減少を抑える」方法は、一番効果的で即効性のあるのが「水分をこまめにとる」という方法と、「よく口を動かす」という方法です。
これらの対策は、単純に日頃こまめに水分をとることや、食事の際によく噛むということで達成することができます。

4.虫歯になってしまったら

対策をしていても唾液の機能と虫歯菌のバランスが崩れて、虫歯になってしまうことはあります。
この場合どのようにすればいいのでしょうか?

 

取りうる選択肢は1つしかありません。歯医者に行くことです。
一度虫歯になってしまったら、自分の力だけで虫歯を治すということは、ほとんど不可能です。
ですので、ぜひ外部の専門家を頼って下さい!!

 

しかしここで問題になってくるのが、「治療の際の苦痛」です。
虫歯になりたくない原因は、歯の痛さもさることながら、「虫歯の治療の際の苦痛」というものが多いのではないでしょうか?
「きゅいいいん」と音をたてながら近づいてくるドリルで歯の白い部分や神経を削られる時の鋭い痛さが苦手な方は多いと思います。

5.無痛治療

虫歯は、放置いておくと非常に危険だということと、虫歯の治療は非常につらいものだということを先ほど説明させて頂きました。
このような状態でしたら、みなさん「虫歯の治療に行きたい、なかなか気が進まない」というお気持ちになられても仕方がないと思います。
そのような時は、私達の病院にご相談ください!!

 

私達は、「今まで歯医者が苦手だった人も楽しく通院できる」という「無痛治療」をモットーに日々治療をしています。
私達を頼ってくださったお客様からは、「歯医者は怖いというイメージがなくなった」や「治療の痛みがなくとても親切に対応してくれた」といったお声を多くいただいています。

 

皆さんの中で、「虫歯の治療をしなければいけないが、歯医者にいいイメージがなく、行きたくないな…」「でも、虫歯を放置しておけば大変なことになるから、治療しないと…」と悩んでおられ方いらっしゃいましたら、是非私達にご連絡ください!!

 

皆さんの「歯医者は怖い場所」というイメージを「歯医者は楽しい場所」に変えることができるように、全力でサポートされていただきますので、安心してご来院ください!!
ご不明な点や不安なことがございましたらいつでもご相談くださいね。
みなさんのご連絡お待ちしています。

インプラントバナー 矯正バナー