歯医者ブログ

歯周病の原因は何?大阪デンタルクリニックが解説します!

あなたは歯周病にかかったことがありますか?
もしくは、「これってもしかして歯周病かな・・・?」と気になっている方はいらっしゃいませんか?

 

今回はそんな身近に起こりうる「歯周病」について解説します!
歯周病は子供でもかかってしまいますので、年齢に関係なく気を付けたいものです。

 

以下では、歯周病になってしまう原因とその予防方法、そして対処方法についてご紹介します。

 

〇歯周病の原因は何?

歯周病の原因は歯の表面に付着したプラークの中にある細菌が歯肉に炎症を引き起こし、最終的には歯を支えている骨を溶かしていくことにあります。
つまり歯周病の原因は「プラーク」にあるのです。

 

このプラークについて説明します。

プラークとは歯の表面に付着している白色もしくは黄色味を帯びた色をしている粘着性のある物質のことを指します。

あなたも鏡でご自身の歯を確認してみてください。プラークが付着していることはよくあることです。

 

ただし「さっき歯磨きをしたばかりなのにプラークがある」という方は注意が必要です。
このプラークは粘着性のある柔らかい物質なのでブラッシングで落としてあげることが可能です。
それがブラッシング後にも落ちていないとなると、あなたのブラッシングが甘かったか、もしくはあまりに長い期間放置されたままのプラークが固まってしまって歯石に変化してしまっているのかもしれません。

 

プラークを構成している要素は多くの細菌との細菌による産生物です。
ブラッシングが足りないことが原因であれば、これからは歯磨きをしたあとにプラークがきちんと除去されているかどうか確認するようにしましょう。
また、ただブラッシングをするだけではなく、歯と歯の隙間に詰まってしまっているプラークを取り除くために、糸ようじを併用して使用することもオススメします。

 

プラークが固まって歯石に変化してしまった場合はブラッシングで取り除くことができません。
なぜなら、歯石は歯垢と比べて非常に硬くなってしまっているからです。
固まってしまった歯石はご自身では取り除けないため、歯科医院へ行って削り取ってもらう必要があります。

 

「あれ、この歯垢いくらブラッシングをしても取れないな・・・。」とお悩みの方は、もしかするとそれは歯垢ではなく、歯石かもしれません。
なるべく早く、歯科医院へ行って除去してもらいましょう。

 

〇歯周病にならないためにはどうすればいいの?

では、そんな歯周病を予防するために私たちにできることはないのでしょうか?
方法としては、毎日のブラッシングを丁寧に行うということが挙げられます。
普段歯磨きをする際、歯の表面だけを磨いていませんか?
プラークは歯と歯茎の隙間にも存在しています。

 

ここをきちんと磨いてあげるためには、歯ブラシを寝かせて優しく歯と歯茎の間のプラークを取り除くようにしてあげましょう。
プラークは粘着性がありますので、一本の歯につき最低10〜20回は歯ブラシを往復させてしっかりと磨いてあげることが大切です。

 

また歯ブラシを動かす際には大きく一回往復させるのではなく、細かい振動で一本の歯を集中して磨くようにしましょう。
この際、歯ブラシを縦方向に動かす方法、横方向に動かす方法、円を描くようにする方法などがありますが、基本的に歯ブラシの動かし方についてはどの向きでも大丈夫です。

 

大事なことは、歯を一本ずつ時間をかけて磨くことです。
これからの歯磨きではこの点を意識して行ってみてくださいね。
また歯ブラシだけではなく、糸ようじを使うのも効果的です。

 

このように毎日のブラッシングを丁寧に行っていれば歯周病にかかる可能性は低くなりますが、実は歯の表面、歯と歯茎の間だけでなく、プラークは歯肉の下にも潜んでいるのです。
これは普段のブラッシングでは除去することができませんよね。
この部分のプラークを取り除くには歯医者さんに任せるしかありません。

 

とは言っても、プラークは本来それほど悪さをする菌ではありません。
放置していると歯周病の原因となりますが、その期間はおよそ3〜4ヶ月であると言われています。
そのため普段のブラッシングをきちんと行いながら、3ヶ月もしくは4ヶ月に一回は歯科医院へ行ってご自身では取り除くことができないプラークを取ってもらうと良いでしょう。

 

○歯周病かどうか気になる方はチェックしてみよう!

「これってもしかして歯周病なのかな?」と気になった方は以下の項目にその症状が当てはまるかどうか確認してみてください。

 

・歯茎にかゆみを感じる
・歯磨きをすると毎回血が出る
・口の中がつねにネバついているように感じる
・グラグラ揺れる歯がある
・歯茎が短くなって歯の表面面積が増えた気がする

 

これらの項目に心当たりがある方はもしかすると歯周病が原因になっているかもしれません。
歯周病は放っておくと、歯が抜けてしまいかねませんので、すぐに歯科医院を訪れるようにしましょう。

 

〇歯周病になってしまったらどうする?その対処方法について

歯周病にかかってしまうと、歯茎が炎症を起こしてしまって大きく腫れあがってしまうことがあります。

 

そうなったときの対象方法としては、
・該当箇所を冷す
・市販の痛み止めを飲む
・歯磨きの際はいつもよりもブラシが柔らかいものを使用する
ということを意識しましょう。

 

歯周病の治療については歯科医院へ行くしかありませんが、すぐに歯科医院に行くことができない場合などは以上の方法を試してみてくださいね。
痛みが生じている場所を冷やしたり、痛み止めを飲んだりすることは直接痛みをなくすのではなく、あくまでも一時的に痛みをとめる効果しかありませんが、歯科医院への行くまでの間の痛み止めとしては効果的ですので是非試してみてください。

 

また、歯茎が腫れてしまっている場合にはいつも通り歯磨きをすることをためらわれるかもしれませんが、歯磨きをしないでいると炎症の原因である細菌がどんどん増えていってしまいます。
少し痛みは伴いますが、いつもより柔らかいブラシを使用して歯磨きはしっかりと行うようにしましょう。

 

今回は歯周病の原因と予防方法、そして対処法についてご紹介しました。
以上を参考にして、自分の歯を守りましょう!
そして歯周病の可能性が疑われる方はすぐに歯科医院を受診するようにしてみてくださいね。

インプラントバナー 矯正バナー