歯医者ブログ

歯茎から血が出るのはどうして?その原因と対処方法をご紹介します!

歯磨きをしていると、歯茎から血が出てきた、という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
もしくは、歯磨きをしていなくとも歯茎から血が出てくるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

その「歯茎から血が出てくる」という現象はどうして起きてしまうのでしょうか?
今回はそんな疑問にお答えするべく、歯茎から血が出てくる原因とその対処方法についてご紹介します!

 

〇歯茎から血が出てしまう原因について

「歯磨きをしていると歯茎から血が出てきた・・・。もしかして歯茎ってデリケートな部分だから私のブラッシングの強さに問題があるのかな?」そうお思いになったことはありませんか?
確かに歯茎はデリケートな部分ではありますが、お口の中にある他の粘膜部分と比べるとそれほどデリケートな部分ではありません。
それなのに歯磨きをしていると歯茎からの出血が確認される場合には、以下のことが原因として考えられます。

 

・歯周病

歯茎から出血する場合、その原因として一番に考えられるのがこの「歯周病」の可能性です。
歯周病とは、歯と歯茎の間にある細い隙間の中で細菌が増えてしまい炎症を起こしてしまうことで起こります。
こう聞くと、「歯と歯茎の間の細菌を増やさないためにはどうすればいいの?」とお思いになると思いますが、これは毎日のブラッシングを丁寧に行い、お口の中に歯垢を残さないようにすることで防ぐことができます。

 

しかし、「歯垢」であればご自身で取り除くことができますが、この歯垢がたまって年月が経ってしまうと「歯石」になってしまいご自身では取り除くことが難しくなります。
歯石になってしまった場合には歯医者へ行って歯石を取り除いてもらう必要があります。

 

また歯石以外でも、歯と歯茎の間に食べ物の残りカスがつまった状態のまま年月が経ってしまうことでも歯周病は発生します。
この対策としては、毎日のブラッシングに加えてデンタルフロスなどを使用すると良いでしょう。

 

・ブラッシングの力の入れすぎ

二つ目の原因としては、あなたもお考えになったかもしれませんが「ブラッシングの強さが強すぎる」ことが挙げられます。
歯をしっかりと磨いてあげることは歯垢を落としたり、虫歯を予防したりするためにも大事なことではありますが、磨きすぎては歯茎を傷付けてしまうことになりますので注意しましょう。

 

歯茎からの出血を気にせずに毎日ゴシゴシ歯を磨き続けていると、歯茎がどんどんすり減っていってしまい、最終的には歯の根元が出てくることも考えられます。
また歯の根元が出てこなくとも、ある程度まで歯茎がすりへってしまうと、その途中段階である日突然歯が抜けてしまうことも考えられますので注意してくださいね。

 

・ホルモンバランスが変わりつつある

三つ目の原因としてはホルモンバランスの変化が挙げられます。
ホルモンバランスが変わる時期としては主に思春期・妊娠時・生理時だと言われています。
この時期には女性ホルモンであるエストロゲンを大好物とする細菌が活動を始めるため、歯肉に炎症の症状が現れやすくなります。

 

思春期や生理時であれば、歯医者へ行って治療してもらうことも可能ですが、妊婦さんの場合であれば、治療方法が限られてきますので普段のブラッシングをしっかりと丁寧に行うよう特に注意する必要があるでしょう。

 

〇歯茎からの出血が確認される場合の対処方法について

歯茎から血が出たときにはどのように対処すれば良いのでしょうか?
以下ではその方法についてご紹介します。

 

・柔らかい歯ブラシを使って歯磨きをする

普通ケガなどをして出血してしまった場合には、その傷口には触れないようにすると思いますが、歯茎からの出血が確認された場合であれば逆に歯磨きをして出血を促してあげましょう。
なぜなら、歯と歯茎の間にたまっている細菌を流してあげなければ炎症の原因がまだそこにあるということを意味するからです。

 

ただし歯磨きをして出血を促すと言っても、いつも通りゴシゴシと炎症を起こしてしまっている歯茎を刺激してはいけません。
いつもよりも柔らかい歯ブラシを選んで、優しくブラッシングをするよう心掛けましょう。
こうしてあげることで炎症を起こしてしまっていた歯茎の新陳代謝が良くなって、いつも通りの歯茎に戻りますよ。
ただし、出血がひどい場合、もしくはこの対処法を試してみても出血がまだ止まらないという場合には、すぐに歯医者に行って診察を受けるようにしてくださいね。

 

・塩水で口をゆすぐ

歯茎からの出血が確認されえた場合の対処法として、二つ目に挙げられるのが「塩水」でお口の中をゆすいであげることです。
血が出るという症状は、開いてしまった傷口を血で固めようとしている証拠です。
塩水には血管を収縮させる力がありますので、出血を抑えたい場合には有効な方法です。

 

ただし、塩水で口をゆすぐだけでは出血がなかなかおさまらないという場合にはガーゼで出血部分を抑えてあげましょう。
このように出血の量が異常である場合には、ブラッシングのしすぎ以外に出血の原因があることが考えられますので、早期に歯医者を受診されることをオススメします。

 

今回は歯茎から出血する原因とその対処方法についてご紹介しました。

「もしかしたら自分って歯周病なのかな?」と疑問に思った方は是非歯医者へ行って相談してみてください。
軽度の歯周病であれば、歯医者で歯石を落としてもらうなどのクリーニングのみで歯周病を完治させることができます。

 

歯周病がまだ進行していない段階での早めの診察を心掛けたいものです。

そのためには日ごろから歯磨きを丁寧におこない、歯茎からの出血サインを見逃さないようにしましょう。

 

また、予防方法としてはブラッシングの重要性が挙げられますが、そのほかにもデンタルフロスを併用して使うことをオススメします。
ブラッシングやデンタルフロス以外にも、普段の生活でたまってしまったストレスが原因でホルモンバランスが乱れてしまい、歯茎からの出血につながっていることも考えられますので、歯のケア以外にもご自身の身体と心を健康な状態に保ってあげることにも気を配ってみてくださいね。

 

「私の歯茎は健康かな?」と少しでも気になった方がいらっしゃいましたら、是非大阪デンタルクリニックまでお越しください。

インプラントバナー 矯正バナー