歯医者ブログ

親知らずの虫歯になるのはどうして?その原因を大阪の歯医者が解説します!

奥の方にひょこっと不意に現れる親知らず。
「最近少し口の奥がムズムズするなあ」と思って鏡を見て確認したところ親知らずだった、なんて経験をされた方は多いのではないでしょうか?
親知らずは虫歯になりやすいとよく言われるため、親知らずを早く抜いてしまう方もいらっしゃると思います。

 

では、なぜ親知らずは虫歯になりやすいと言われているのでしょうか?
今回はそんな親知らずについて、虫歯になりやすい原因と抜く必要があるのかどうかについてご紹介します。

 

〇そもそも親知らずとは何か

ではまず、そもそもの前提として「親知らず」とは何なのでしょうか?
親知らずとは一番手前の歯から数えて八番目に位置する歯のことを指します。
この歯は永久歯の中でも最後に生える歯であり、人によっては八番目の歯がないという方もいらっしゃいます。

 

では、なぜこの歯が親知らずと言われているのかというと、この歯が生えてくる時期に関係しています。
通常、永久歯と言われるものは大体15歳で全て揃います。
しかし、この親知らずだけは10代の後半から20代の前半で生えてくるため、親に知られずに生えてくる歯ということで「親知らず」と名付けられました。
この歯の本当の名前は第三臼歯と言います。

 

親知らずは歯の中でも一番奥に位置するため、ほとんどの人は親知らずが生えてくるためのスペースが足りておらず、生えてきたとしてもまっすぐ上向きに生えてくることができずに、斜め向きに生えてきてしまったり、横に倒れるような形で生えてきてしまったりすることが多々あります。
このため、親知らずは部分的に歯肉を被った状態で存在することになり、ブラッシングをしてもこの部分の汚れをきちんと落とせていない方が多いのです。

 

また世の中には親知らずの生えてくる人と生えてこない人がいますよね。
この違いは何にあるのでしょうか?

 

それは、顎の大きさと遺伝に原因があります。
人は成長するにつれて顎が発達していきます。
その過程で顎があまり成長せず、親知らずの生えてくるスペースがないと身体が判断した場合には親知らずは生えてこないことが多いです。

 

反対に顎が成長した結果、余裕があると身体が判断した場合には親知らずが生えてくることが多いと言えます。
ただし顎が小さくても無理やり親知らずが生えてきた結果、親知らずが歯肉に埋もれてしまうケースや、顎が成長した結果親知らずが生えてくる余裕はあるけれども生えてこなかったというケースもあります。

 

〇親知らずが虫歯になりやすい原因について

親知らずが虫歯になりやすい原因は先ほどご説明したように、ほとんどの方は親知らずが生えてくるためのスペースを持ち合わせておらず、歯が生えてきたとしてもまっすぐではなく横向きになったり斜め向きに生えたりするため、親知らずが不潔な状態のままで放置されやすいからです。
これは親知らずだけではなく、他の部分でも歯が重なって生えてきている部分があればその部分は虫歯になる可能性が高いと言えます。

 

では、歯がきちんとブラッシングのされていない状態で放置されるとなぜ虫歯になってしまうのか、ということを以下で解説しましょう。
きちんとブラッシングがされていない歯には食べカスが残っている状態になります。
この食べ物の残りカスが付着しているという環境は虫歯菌が生息しやすい環境を生み出しているということができます。

 

また虫歯菌が一番喜ぶ餌は甘いお砂糖です。
常に口の中に何か甘いものを入れておかないと気が済まないという人は、口の中で虫歯菌を増やしている状態にあるのだということを忘れないでくださいね。
歯についた食べ物の残りカスにお砂糖が含まれている場合にも注意が必要です。

 

〇親知らずが虫歯にならないためにはどうすればいいのか

親知らずが虫歯にかからないためには、普段のブラッシングをきちんと行うことが重要になります。
また親知らずが他の歯と同じようにきちんと上向きに生えているという方は、親知らずが虫歯になってしまうリスクも低くなります。
なぜならその歯はきちんと磨いてあげることが困難ではないからです。
「親知らずが歯肉に埋もれている」という方はブラッシングの際、特に丁寧に行うよう気を付けましょう。

 

ただしいくら気をつけていても、磨きにくいという事実は変わりません。そのため、早期に抜いてしまうことも手段の一つです。
「私の親知らずって虫歯になる前に抜いたほうがいいのかな?」と気になった方は以下の項目をお読みください。

 

〇親知らずは抜いた方がいいのかどうか

親知らずが生えてきてしまったことに気が付いた場合、その歯は抜いてしまった方が良いのでしょうか?
親知らずが虫歯になりやすいということを聞くと、「私の親知らずが虫歯になってしまう前に早く抜いてしまいたい!」とお思いになった方もいらっしゃるかもしれません。しかし、全ての親知らずを抜いてしまう必要はありません。

 

なぜなら親知らずが虫歯になりやすいその原因は、親知らずの生え方にあるからです。
親知らずがきちんと上向きに生えており、ブラッシングの際になんに影響もないという場合には、無理してその親知らずを抜いてしまう必要はありません。

 

親知らずをそのままおいておくことのメリットもあります。
それは将来的に自分の歯が抜けてしまった場合に、その部分を補うためのブリッジや入れ歯の下地として親知らずを利用できることです。

 

歯というものは一度抜いてしまうと二度と生えてきませんし、元に戻すことができません。
親知らずを抜いてしまったことで顔が腫れてしまったり、不快な痛みを伴ったりすることも考えられますので、「親知らず=抜く」という考えを持つのではなく、自分の親知らずは本当に抜く必要があるのかどうか、ということをじっくりと考えるようにしてください。

その親知らずが本当に必要かどうかはご自身で判断することが難しいと思いますので、歯医者へ行って診察してもらうと良いでしょう。

 

今回は親知らずになってしまう原因と、親知らずを抜く必要性についてご紹介しました。
もしご自身の親知らずがすごく気になるという方がいらっしゃいましたら、一度歯医者へ行って診てもらいましょう。

インプラントバナー 矯正バナー