歯医者ブログ

歯茎が痛いのはどうして?その原因と対処方法についてご紹介します!

「なんだか最近歯茎が痛む気がする」という方はいらっしゃいませんか?
歯茎は身体の中でも特に敏感に痛みを感じる部分ですから、我慢できないほどの痛みを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その痛みを抑えるためには、何よりもまず病院で受診されることをオススメします。

 

今回の記事では歯茎の痛みの原因と、すぐに病院へ行くことができない方のために応急措置方法をご紹介します。

 

〇歯茎が痛む原因

歯茎が痛む原因は分けて4つ考えられます。

 

1. 食べ物を食べている時に痛みを感じる場合

熱い食べ物や冷たい食べ物、すっぱい食べ物や甘い食べ物を食べる時に痛みを感じる場合には、知覚過敏もしくは虫歯であることが考えられます。
まだその虫歯の症状が軽い様子でしたら、その部分を削って詰め物をするか被せものをするだけの治療で終えることができます。
知覚過敏であれば、知覚過敏による痛みをおさえる専用の塗り薬を病院から処方してもらいましょう。

 

2. 食事が終わってからしばらくの間痛みを感じる場合

食べ物を食べているときだけではなく、食事を終えてからもしばらくの間痛みを感じる場合には虫歯や歯周病がすでに悪化しており、歯の神経に対してダメージを与えていることが考えられます。

または、歯自体が損傷しているおそれがあります。

 

虫歯が進行している場合には、歯の神経を抜いてから神経を抜いた部分に対して新たに薬を詰めてあげるか、削った部分に詰め物、もしくは被せ物をする必要があります。
また歯自体が損傷している場合であれば、その割れ方によって対処方法が異なります。
もし歯の一部しか損傷していないようでしたら、虫歯の時とおなじように必要箇所を削ったあとで詰め物、もしくは被せ物をします。

 

歯の損傷が歯の根っこ部分から生じているようでしたら、残念ながら歯を抜く必要があります。
歯を抜いたあとにはブリッジ、部分的な入れ歯を装着する、インプラントなどの治療を行います。

 

3. 食事をしていないときにも痛みを感じる場合

食事をしていなくとも痛み感じるのであれば、虫歯や歯周病がどんどん悪化しており、歯の神経の奥深くまで炎症を起こしてしまっていることが考えられます。

またこの痛みを感じる部分が口の奥の方であるならば、親知らずが原因となっていることが考えられます。
いずれにしても、食事以外の、歯を使っていないときに痛みを感じるようになればその症状は深刻であると考えて差し支えないでしょう。
すぐに病院で受診をすることをオススメします。

 

歯周病の場合の対処法としては、毎日の適切なブラッシングが求められます。
もし毎日のブラッシングで歯垢を取り除くことだけでは追いつけないほど歯周病が進行しているのであれば、歯の神経を抜いてその部分に対して直接消毒を行い、虫歯の時と同様詰め物、もしくは被せ物をする必要があります。

 

親知らずが原因であるならば、最終的に抜く判断をもとめられることになるでしょう。
なぜなら親知らずは生えるためのスペースが十分に用意されていることが滅多にないため、横向きに生えてしまったり、斜め向きに生えてしまったりすることが多く、きちんとブラッシングをおこなうことが難しいからです。

きちんとしたブラッシングができていない状態では、親知らずが虫歯や歯周病にかかってしまう可能性はどんどん高まります。

このような事態を避けるためにも、手入れの届かない親知らずは抜いてしまう方がよいでしょう。

 

〇応急措置方法

歯茎が痛いときには、とりあえず今の間だけでもその痛みが消えてほしいと思いますよね。

そこで以下では歯茎が痛いときの応急措置方法を3つご紹介します。

 

1. 市販の痛み止めを飲む

歯茎の痛みは、身体の他の部分の痛みに比べて強烈に感じられるものです。
その痛みを軽減したのであれば薬品に頼るのが良いでしょう。
オススメの市販の薬としてはロキソニンSが挙げられます。
このロキソニンSの成分は歯医者で出される痛み止めとほぼ同じものからつくられているので安心してお飲みいただけます。

 

ただし、この痛み止めは一定時間が経過するとその効果が薄れてしまいますので、何回か飲みなおす必要があります。
また薬であるため副作用には注意しましょう。

 

2. 熱さまシートで冷やす

熱さまシートなどの冷たいシートをほっぺの内側に貼るか、もしくは氷を一つ口の中に入れて痛みを感じている歯茎に当ててあげると歯茎の痛みが軽減したように感じられます。
これは歯茎を冷やすことでその中に流れている血液の流れを鈍くしてあげることを目的としています。
歯茎の痛みは歯茎の中の血液量が多くなり、歯茎の神経を圧迫してしまうことで生じるものなので、応急措置として歯を冷やしてあげることは効果的だと言えるでしょう。

 

3. 歯に食べ物のカスが残っていない確認する

意外かもしれませんが、歯に食べ物の残りカスが付いている状態だとそのカスが歯茎の神経を圧迫してしまって歯の痛みが引き起こされてしまうことがあります。
歯や歯茎に残っている食べカスに関しては毎日のブラッシングを丁寧に行うことで取り除くことができるので、毎日の歯磨きを見直してみましょう。
また、歯の間につまってしまった汚れに対しては専用の糸ようじなどを使うことをオススメします。

 

どうしても歯の痛みをおさえたいときにはこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか。
ただしこれは一時的に痛みを抑えるため方法であって、根本的な解決にはなっていないので注意してくださいね。

 

今回は歯茎が痛む原因と、その応急措置方法についてご紹介しました。
応急措置方法ではどうにもならないほど痛い方は、病院へ行くかもしくは夜間・休日救急センターの利用も検討してみてくださいね。
また、歯茎に痛みを感じるときに痛みの原因を探ろうとして歯茎を直接触ってみたり、アルコールを飲んで痛さを感じなくしてしまおうということは絶対にやめましょう。

 

さきほど歯茎の血流を鈍くするために氷などで冷やしてあげることをご紹介しましたが、反対に歯茎の血流を良くすることは歯茎の痛みを抑えるには逆効果になってしまいますので、熱いお風呂につかって全身の血液の流れを良くしたり、激しい運動をしたりすることは避けるようにしましょう。

インプラントバナー 矯正バナー