歯医者ブログ

歯の噛み合わせが悪いのは直した方が良い?放っておくとどうなる?

上の歯と下の歯の噛み合わせが悪いけれど、生活に支障はないため直す必要性を感じず、歯医者で相談もしたことがないという方は多いのではないでしょうか。
虫歯になっているわけでもなく、気になるほど歯並びが悪くもないという場合、歯の噛み合わせをどこまで深刻に受け止めるべきなのか分かりませんよね。

 

そこで今回は大阪デンタルクリニックが、歯の噛み合わせが悪いとどんなことが起きる可能性があるのか、ご紹介していきます。

 

〇そもそも噛み合わせが悪いとはどういう状態を指すのか?

 

歯の噛み合わせが悪いとはどういう状態のことを指すのでしょうか。
歯の噛み合わせが悪い場合、前から顔を見た時に歯並びの状態が良くないことが多いと言えます。

 

また何らかの理由で歯が1本欠けてしまっていたり、なくなってしまっている場合にも歯の噛み合わせが良くないということができます。

まれに歯並びが綺麗な場合でも、会話をしているときや食事をしている時に舌を噛んでしまいがちという方がいらっしゃいますが、この場合にも噛み合わせが良くないということが言えます。

 

では、このように歯の噛み合わせがよくないとどんな点で私達に悪影響を及ぼしてくるのでしょうか。

以下ではそのことについてご説明していきます。

 

〇顎関節症

 

あなたは食事をする際、右か左どちらかの歯だけを使って噛む癖はありませんか?
本来、顎というものは二か所の関節が同時に動かないと開閉することができないようになっています。

 

お口の片側のみを使って食事をすることは不可能ではありませんが、このような顎の使い方を続けていると顎の関節にかかってくる力が左右で変わってきますので、結果的に顎の関節に歪みが生じてしまい、顎関節症になると言われています。

 

この顎関節症につきましては、何も食事の際に片方だけを使うことによってのみ発症するものではありません。
この他にも寝ているときに無意識のうちに顎に負担のかかってしまっている場合でも同様の現象が起こる場合があります。

 

もしこの顎関節症が疑われる場合には、歯科医院を受診してマウスピースを装着してもらったり、開口訓練を行ったりと、顎関節症になってしまった原因を分析してあなたの無意識の行動を矯正する治療を受けるようにしましょう。

 

〇お顔の表情が歪んでしまう

 

歯の噛み合わせが悪いと、顎の関節に歪みが生じるだけでなく、ひいてはお顔全体のバランスが悪くなってしまいます。

先ほどご説明したように、例えば何年もの間右側の歯でのみ食べ物を噛むようにしていたなら、右側の筋肉ばかりが発達してしまい左側の筋肉が衰えてしまうことは容易に想像がつくのではないでしょうか。

 

このように筋肉の発達状況に差が生じてしまうと、お顔が右と左で高さが変わってしまいバランスの悪い顔になってしまいます。
これは歯の噛み合わせの矯正を行うことで改善することが可能です。

 

歯の噛み合わせが悪くお顔に歪みが生じてきていることが確認できるようであれば、すぐに歯科医院を受診して改善してもらうようにしましょう。

 

〇姿勢までもが歪んでしまう

 

歯の噛み合わせが悪いと、お顔に歪みが生じてしまうということをお伝えしましたが、実はそれだけでなく姿勢にも歪みが生じてしまうことが明らかになっています。

 

人間の顔というのは大きく分けて頭蓋骨と下あごの2つの骨から成り立っています。
そして歯の噛み合わせがよくない場合、先ほどご説明したような何らかの理由で下顎の位置が通常の位置よりもズレてしまっていることが考えられます。

 

この下顎の位置がずれてしまうとどうなるのかというと、人間の頭は無意識のうちにバランスを取ろうとしますので、歪んでしまった下顎の位置に合うように頭蓋骨を動かすことになってしまいます。
こうすると、頭全体の位置がずれてしまうことになりますよね。

 

すると今度は頭を支えるための首、そして背中というように身体全体が歪んでしまった下顎に合わせるようにして形を変えていくことになってしまいます。
あなたが最近身体のゆがみで悩んでいらっしゃったり、頭痛や肩こりがなくならなくて困っていらっしゃるという場合には、もしかするとこの噛み合わせの悪さが理由かもしれません。

 

〇噛み合わせが悪いかどうか自分で確認する方法

 

ここまで噛み合わせが悪いと起こる不調などについてご紹介してきましたが、この不調が本当に噛み合わせの悪いことによるものなのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

特に歯が欠けていたり抜けていたりするわけでもなく、綺麗な歯並びをしている場合にはまさか自分の歯の噛み合わせが悪いなんて気が付きませんよね。
そこで以下では噛み合わせが悪いかどうかご自身で確認することのできる方法を3つご紹介します。

 

1)左右にズレがないかどうか確認する方法

 

鏡の前で「い」の口の形をして歯並びを確認してみてください。
このときに前歯の真ん中の位置が上と下がピッタリと重なっているかどうか、奥歯の方向にいくにつれても上の犬歯の下にきちんと下の犬歯が位置しているかどうかを確認しましょう。

 

2)水平方向にズレがないかどうか確認する方法

 

薄くて平らな棒を左右両方の奥歯で噛むようにして口の中に横向きに入れてみてください。
この時お口の両側から棒の端が見えている状態で構いません。
棒を噛むことができましたら、鏡で自分のお顔を確認します。
そのまま鼻の頭から顎の先端を結ぶ線を人差し指を当てて確認してみてください。

 

この時奥歯で噛んでいる棒と人差し指がクロスした状態になりますが、このクロスの角度が直角になっているかどうかが重要です。
もしこの角度が90度にならない場合には噛み合わせが悪いということが言えます。

 

3)奥歯の噛み合わせが悪くないかどうか確認する方法

 

前から見ると綺麗に並んでいる歯であっても、実は奥の部分でズレてしまっていたというケースも見受けられます。
このような噛み合わせのズレに関しては、奥歯のみをカチカチとならしてあげてその時の感触や音の響き方で判断することが可能です。

 

もし片方だけからしかカチカチという音が聞こえないようであれば、左右で噛み合わせのズレが生じていることを疑って良いでしょう。

 

今回は歯の噛み合わせが悪い場合、放っておくとどうなるのかということをご紹介しました。
噛み合わせが悪いのか自分で確かめる方法についても一緒にご説明させていただきましたので、是非ご自身でも噛み合わせについて確かめてみてくださいね。

 

そして噛み合わせが悪いことが発覚した場合にはすぐに歯科医院を受診して改善策をうってもらうようにしましょう。

インプラントバナー 矯正バナー