歯医者ブログ

あなたのお口は大丈夫?口臭対策について考えてみよう

「私の口臭って大丈夫かな、、、?」とお考えになったことはありますか?
他人の口臭には敏感であっても、自分の口臭にはなかなか気がつかないものです。

 

だからこそ、今この瞬間から口臭対策を始めてみませんか?
日々意識して対策をしておくことで、いつもフレッシュな印象を与えることができますよ。
そこで今回は、口臭対策の方法をご紹介します!

 

○こまめに水分補給をしよう

 

口臭が悪化してしまう原因の一つに、お口の中が乾燥しているということが考えられます。
唾液の分泌量が減ってお口の中が乾燥してしまうと、細菌が増殖しやすい環境が生じてしまいます。

 

これは唾液に細菌の増殖を抑えたり、お口の中を洗浄するという効果があるために起こります。
細菌が増殖してしまうと口臭の原因になってしまいますから、お口の中が常に潤っている状態を意識して水分補給をこまめに取るようにしましょう。

 

人は、1日に1リットル〜1.5リットルの唾液を分泌していると言われています。
水分補給をする際には1日に1.5リットルを理想の量として補給するようにしましょう。

 

またお口の中が乾燥してしまわないように、無意識のうちに口呼吸になっていないかどうか気を配るようにしましょう。

 

○虫歯や歯周病が疑われる場合にはすぐに歯医者に診てもらう

 

口内で細菌が増殖した結果、虫歯や歯周病になってしまい、それが原因で口臭が悪化していることがあります。
また、歯周病の患者は口臭に悩んでいることが多いという調査結果も報告されています。

 

口内で細菌が増殖してしまったために歯周病になり、歯茎から出血してしまった場合には生臭い口臭になってしまいますので気をつけるようにしましょう。

 

○腸内環境を改善しよう

 

口臭の原因は口内のトラブルだけにとどまりません。
実は胃潰瘍などの胃腸疾患を患っている場合でも口臭は悪化してしまいます。

 

これは摂取した食べ物を身体の中できちんと消化・吸収することができずに体内に残ってしまったものが悪臭を放ってしまうためだと言われています。
体内で放たれた悪臭は、血液の流れに乗って体臭や口臭という形で表面に現れてきます。

 

このように口内のトラブル以外のものが口臭の原因になっている場合であれば、医療機関にて診察をしてもらう必要があります。

 

○食事をするときはよく噛んで食べよう

 

食べ物をよく噛んで食べることで唾液の分泌を促すことができます。
唾液には口内にある細菌を洗浄する効果がありますので、積極的に唾液を分泌するようにしましょう。

 

また、しっかり噛んで食べることで、食べ物が胃腸に入るまでに消化活動をほとんど終えることができます。
そうすると腸に残ってしまった食べ物から腐敗臭が発生するという心配もなくなりますよ。

 

○マウスウォッシュで短期的な口臭対策をする

 

即効性のある口臭対策方法としては、マウスウォッシュを使用することが挙げられます。
最近では携帯型の少量から持ち運べるタイプのマウスウォッシュも販売されていますので、是非一つカバンに入れておいてはいかがでしょうか。

 

また刺激が強いものが苦手な方には、ノンアルコールタイプのマウスウォッシュもありますので、そちらを検討してみてくださいね。

 

○ガムを噛む

 

口臭対策の一つとして、ガムを噛むという方法はシンプルですかオススメの方法です。
ガムを噛むと顎を動かすことになりますよね。
そうすることで唾液の分泌を促すことができます。

 

食べ物をよく噛むという観点からもお伝えしましたが、普段からどうすれば唾液を分泌することができるか、ということを考えてみると良いでしょう。

 

○舌磨きをする

 

あなたの舌を鏡で確認してみてください。
舌の表面に白い苔のようなものが確認できる場合は、口内が不衛生な状況を表しています。

 

この白い苔があると、口臭が発生していることが窺えますので、舌専用のブラシで汚れを落としてあげるようにしましょう。
舌専用のブラシに関してはドラッグストアなどでも簡単に購入することができますよ。

 

ただし汚れを落とそうとして、このブラシで舌をこすりすぎてしまうと反対に舌の苔を増やすことになってしまうので注意が必要です。
舌磨きを行う際には、ブラシで優しくケアをするという感覚を忘れないようにしてくださいね。

 

〇緑茶を飲む

 

なぜ緑茶が効果的だと言われているのかその理由を知っていますか?
これは、緑茶に含まれている「カテキン」に殺菌作用があるからです。
またこのカテキンには高い殺菌作用があることに加えて、消臭効果も持ち合わせていることが明らかになっています。

 

口臭が気になるときは、意識して緑茶を飲むようにしてみてはいかがでしょうか。
ただし緑茶にはカテキンとともにカフェインも含まれています。

 

このカフェインには唾液の分泌量を減らしてしまう作用がありますので、緑茶を飲みすぎてしまうことや緑茶のみを摂取することはオススメしません。
緑茶を飲む際には、必ず水の補給も同時に行うようにしましょう。

 

〇歯科医院でクリーニングをしてもらう

 

ここまで口臭の原因を複数挙げてきましたが、その多くが口内の環境が良くないことで引き起こされているものだと思いませんか?
逆に言うと、口内環境を良くしてあげることで口臭の根本原因を解決することができるのです。

 

そのためには、ブラッシングでは取り除くことが難しいような歯石を歯科医院で除去してもらったり、正しいブラッシング方法やデンタルフロスの使い方を教えてもらうことが効果的です。

 

またこのクリーニングに関しては、一回行けばそれでおしまいというものではなく、定期的に行くことで常に清潔な口内環境を実現することができます。
具体的には3か月に1回程度のペースで歯科医院で歯を見てもらうと良いでしょう。

 

「歯科医院は虫歯になったときにしか行かない」という方もいらっしゃるかと思いますが、歯の美しさを気に掛ける海外ではこのクリーニングを受けることはほとんど習慣化されているのです。
あなたも口臭対策や虫歯対策にもつながるこのクリーニングを受けてみませんか?

 

今回は口臭を対策するための方法をいくつもご紹介しました。
自分では気になっていないかもしれませんが、周りの方から指摘されてから口臭対策を始めるのでは手遅れです。
まずは今日から実践できる方法を毎日の生活に取り入れてみませんか?

インプラントバナー 矯正バナー