一般歯科

お肌や髪の毛と同じように歯や歯茎、口腔内にもメインテナンスが必要です。 定期的なメインテナンス習慣により、口腔内環境を改善し、美しい歯や強い歯茎を目指しましょう!

 

一般歯科とは?

予防歯科では、日頃から正しい歯磨きができるよう指導をったり、歯磨きだけでは取ることのできない歯石や歯垢を定期的に除去し、虫歯や歯周病を未然に防ぎます。 毎日の歯磨きだけでは、歯茎にたまった歯石や歯垢を完全に除去することはできません。虫歯や歯周病は、この歯石や歯垢に発生する細菌が原因となります。 虫歯や歯周病の予防は、あらゆる病気を未然に防ぎ、全身の健康にもつながります。

 

予防って何をすればいいの?

では、歯の病気を未然に防ぐためにどのように予防すればいいのでしょうか? 歯磨きを毎日3回したり、高い口内ケアのグッズを使ってみたりとなんだか大変そう・・・と思われている方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、それができるのなら素晴らしいのですが、あまり気を張る必要はありません。 半年に一度、歯科医院で歯のお掃除を定期的にする。 これだけで、十分な予防効果があります。 欧米ではこの定期的なお掃除が定着したおかげで、年をとっても自分の歯が残っているお年寄りの数が格段に増加したそうです。 みなさんも半年に一度のお掃除をはじめてみませんか?

 

当院でのメンテナンスの流れ

1.歯茎の検査、虫歯の検査

歯周ポケットの深さ、色、形等から歯茎の健康状態をはかります。また新しく虫歯ができていないか、歯牙の着色状況を検査します。場合によっては、レントゲン検査をします。

2.生活習慣の診査

タバコ、アルコール、間食、ブラッシング回数、ブラッシング時間等のアンケートを頂いた上で改善できる項目の指導をさせて頂きます。

3.ブラッシング指導

磨けているところ、磨けていないところ、歯ブラシの強さ、あて方等を丁寧にご指導させて頂きます。

4.PMTC

専用の機械を使って歯の表面に付着しているバイオフィルム(最近の塊)を取り除き、虫歯予防や歯周病予防を行います。

5.Miペーストによるデンタルエステ

牛乳由来の豊富なミネラル含有ペーストで、歯に必要なミネラル成分を補給し、さらにCCP-ACP(リカルデント)により口腔内環境の改善を図ります。 ※牛乳や乳製品アレルギーの方は担当医に事前にお申し付けください。

 

歯は削ったら二度と元には戻らない

歯は、皮膚や骨などの他の組織と違い、自己治癒力、つまり自分で自分を治す力がありません。例えば皮膚なら、切ってしまったとしても、絆創膏や包帯をしておけば、自然と元通りに治ります。骨折してしまっても、ギプスで固定して動かさないようにしておけば、自然と元通りにくっつきます。 ですが、歯は一度損傷すると二度と元通りには戻らないので、人工的な詰め物や義歯などで補うことしかできません。ですから、歯は削る必要がないのであれば、できるだけ削らないに越したことはありません。 また、削った歯は詰め物をしたところで、細菌はどんなに小さな隙間でも簡単に通り抜けることができます。つまり一度削ってしまった歯は、再び虫歯になってしまうリスクがあるのです。 そこで、歯の病気を未然に防ぐ「予防歯科」がとても重要になってきます。

 

プラークコントロール

プラークとは、歯と歯茎の間にたまる黄色い汚れ、つまり歯垢のことです。プラークコントロールとは、プラークを減らすようにコントロールすることを指します。プラークは歯ブラシでは届かない場所にたまるので、正しいブラッシングを身につけることが重要です。また、プラークコントロールには、単に歯磨きだけでなく、食生活の改善や、歯科医院での定期的なメンテナンスなども含まれます。

 

PMTC

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の頭文字で、毎日の歯磨きでは取れない汚れを、歯科医院で専用の機械を使ってクリーニングしてもらうことです。歯石を取るような本格的なものではなく、あくまで「プロによる歯磨き」といったところです。

 

一般歯科について

患者様にご負担の少ない治療を心がけております。 患者様のご要望やお悩みをしっかりとお伺いした上で、最善の治療法を提供しております。 「一般歯科」とは虫歯の治療、歯の根の治療、歯周病の治療、入れ歯の治療などをさし、「歯が痛い」などの症状を治すための治療です。 つまり最も需要の多い通常の歯科治療です。三宅歯科医院では、丁寧な説明と患者さまおひとりおひとりのご要望に沿った治療を心がけてます。最新治療と同時に基本的な治療を確実に行います。

 

むし歯治療

むし歯の治療や、失った歯を補ったりといった、いわゆる「歯医者さんでの治療」です。 しかし、一度切削して詰め物や被せ物をした部位には境界部の二次的なむし歯のリスクが発生します。 神経を取った歯には根尖病変(根の先端の周囲の骨が化膿すること)のリスクが発生します。 また、入れ歯になると支えになる(バネがかかる)歯に過剰な負担がかかって更なる歯の喪失につながります。 なので治療介入する際はこれらのデメリットをふまえた上で、それでもなお必要と判断された場合に、少しでも再治療せずにすむような配慮のもとで行われるべきと考えています。 その際まず大事なのが、基礎となる部分である根管治療(神経を取った後の根っこの治療)や、次項に示す歯周治療(歯槽膿漏の治療)であり、当院では特に力を入れています。
むし歯治療にあたってはできる限り削る量を最小限にすること
ご自身の歯を残すこと

 

歯周病治療

定期的なメンテナンス(お手入れ)とホームケアの組み合わせで、お口の中の健康の維持を目指しましょう。
歯周病は歯と歯ぐきの間のすきま(細溝)にたまったプラーク(歯垢)の中の歯周病菌によりひきおこされる病気です。

歯周病の発病・進行には毎日の生活習慣に潜む色々なリスクファクター(危険因子)が関わっています。 歯周病は自覚症状が少ないので気づいていない方が多いのですが、実際は多くの方が罹患しているのが現状です。 症状があらわれた時にはかなり進行していることがほとんどです。 歯石除去やクリーニングをご提案し、その方に適した歯みがきの方法や歯ブラシの選び方をアドバイスします。 歯科用レーザーを使用することで、極力痛みをおさえ、患者様に不快な気持ちを与えず、悩みを解決すると共に良好な経過を得ることのできる最先端の機械です。 レーザー治療としては、以下のものがあります。

  • 歯周病(歯槽膿漏)—消炎効果
  • 口内炎や義歯の接触痛—消炎効果
  • 根管治療(なかなか治らない根の治療)—殺菌・消毒効果
  • 抜歯後の出血・痛み—殺菌・消毒・止血効果
  • 知覚過敏(歯がしみる)—蒸散効果
  • 虫歯予防及び初期の虫歯—蒸散効果
  • メラニン色素沈着(歯肉が黒い)—蒸散・組織の活性化生まれつきの色素の量にもよりますが、喫煙等によっても引き起こされます。 歯茎が黒くなり、不健康な印象を与えます。
  • 黒毛舌(舌が黒くなる、味覚異常)—蒸散・組織の活性化喫煙の習慣や抗生物質の服用によって起こります。 舌の表面が乾燥し、ざらつき、味が分かりにくい等の症状が発生し断続的に出血や痛みを起こします。