ホワイトニング

白く輝く歯は笑顔も引き立ち、健康的で若々しい印象を相手に与えます。見た目を気にする女性だけでなく、男性もビジネスシーンにおいてすぐに好感を得られることでしょう。

 

なぜ、ホワイトニングで歯が白くなるの?

歯の表面の色素を透明化

ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素が高温などにより活性化し、エナメル質表面の色素と結びつき、色素を透明化します。

 

マスキング効果

歯の構造は、表面からエナメル質、象牙質、歯髄という構造になっています。その中の象牙質は元々やや黄色っぽい色をしており、エナメル質から透けて見えるため、歯は本来からやや黄色っぽい色をしています。
ホワイトニング剤に含まれる過酸化尿素はエナメル質表面の構造を変化させ、象牙質の色を透かさないようにすること(マスキング)により歯が本来より白く見えるようになります。

 

ホワイトニングの効果は?

効果には個人差があり、すぐに白くなる人もいれば、なかなか効果の現れない人もいます。何回もホワイトニングを繰り返すことで、ほとんどの人が効果を発揮します。
効果の持続期間は、各個人の生活環境(歯磨きや食生活)にもよりますが、通常は約1年です。後戻りを防ぐにはタッチアップといって、定期的にホワイトニングを続けることをおすすめします。

 

ホワイトニングの注意事項

ホワイトニングを行うと、まれに歯がしみたり、歯茎が痛くなったりする方がいます。その場合、一旦治療を中断し不快症状を改善してから、再開します。
また虫歯や歯周病に罹っている場合は、ホワイトニングにより、病状を進行させる恐れがあるため、しっかり治療してから施行する場合があります。

 

虫歯やひび割れをしている歯

事前に修復治療をさせていただく場合があります。

 

虫歯やひび割れをしている歯

事前にスケーリングや歯周病治療をさせていただきます。
※以下の場合ホワイトニングの効果がなく、ラミネートベニア修復やセラミックの被せや詰め物による治療が必要です。

  • テトラサイクリン系薬剤による変色
  • 詰め物(レジン、インレー)や差し歯や被せ(クラウン)の変色
  • 歯の神経が死んでいる歯や、それによる変色

 

ホームホワイトニングで歯を白く

ホームホワイトニングをオススメさせていただいております。
ホームホワイトニングとは、歯科医院で作ったマウストレーに、お家で薬剤を塗布して歯を白くする方法です。あらかじめ歯科医院でご自分の 歯列にあったマウストレーを作成します。マウストレーをお家にお持ち帰りいただき、ホワイトニングジェルを塗布して定期的に装着します。

 

ホワイトニングスケジュール

矯正歯科治療・歯列矯正の流れと進め方のご案内です。

 

1.【初日】 カウンセリング

まず、現在の歯の色、質、形態、歯茎の状態を診察させていただきます。
歯石、歯垢の除去を行い、口腔内の清掃し、マウストレーの型取りをします。

2.【2日目】 ホームホワイトニング開始

マウストレーが完成しましたら、ホームホワイトニングを開始します。 薬剤の使い方、使用時間等の説明を致します。

3.【1週間後】 経過観察

マウストレーが完成しましたら、ホームホワイトニングを開始します。 薬剤の使い方、使用時間等の説明を致します。

4.【約2週間後】 経過観察

歯の色を診察し、継続するかを相談します。

5.【数ヵ月後】 タッチアップ

タッチアップというのは、ホワイトニングの効果を長持ちさせるため、数ヶ月に1回のペースでホワイトニングを継続します。

 

ホワイトニングで白くならない歯

  • 先天性の変色(テトラサイクリン系薬剤による変色)
  • 神経の治療をしている歯(失活歯)
  • 被せ物をしている歯

 

これらの歯は、ホワイトニングでは白くなりません。
セラミックによる治療が必要です。