歯並びを治したい

「歯並びがガタガタで気になります。治したいのですが、費用や時間がかかるイメージが強く、なかなか治療に踏みきれません。どのくらいの金額や時間で始めることができますか?また、歯並びが悪いことによるデメリットは見た目以外にもありますか?」

歯並びが悪いデメリットと治す目安とは?

ご自分の歯並びが気になる場合、年々その思いが強くなるという傾向にあるのではないでしょうか。

 

きれいな歯並びになるには、時間も費用もかかるし、また矯正中の見た目なども気になるところですよね。

 
実は、歯並びが悪いことは見た目以外にもデメリットは多くあります。
 

歯並びが悪いことによるデメリット

1.虫歯になりやすくなる

歯並びが悪いと、最近や食べカスが残ってしまいやすくなるので虫歯になる可能性が高くなります。

歯並びは見た目の問題だけではなく、虫歯予防にも重要です。

 

2,歯周病の進行がはやくなる

歯並びが悪いと、歯が重なっている部分や、歯の根っこがぶつかっていたり元々骨がない部分もあるので、その部分に歯周病菌が入ると、歯周病の影響を強く受けてしまいます

 

矯正する目安とは?

実は、歯科矯正の技術は進んでいて、みなさんが想像しているワイヤーでの矯正の仕方以外にも治療方法があるんですよ。

 

大阪デンタルクリニックでは、インビザラインによる治療もしていて、矯正時間を短縮させながら、透明の薄いマウスピースなのでほとんど気づかれることなく治療することができます。

 

また、金属を使わないので金属アレルギーの方でも安心して治療をすることができるんですよ。

費用は、初期費用に加えて、月々の分割払いも可能です。

 

終わりに

デメリットは大きな2つをご紹介しましたが、他にも歯茎が下がりやすくなったり、顎関節症になりやすくなったりします。これは噛み合わせなどが悪いことも影響しているので、歯並びが悪いことは、様々な病気の原因になることも考えられるといえるでしょう。

 

時間や費用に余裕がある場合は、できるだけ治したほうが好ましいですが、程度によっては、そこまでのコストをかけなくてもいい場合もあるので、ぜひ一度歯科医に相談してみるといいですね。

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら