噛み合わせが気になる

「噛み合わせが悪いので、矯正した方がいいのか悩んでいます。噛み合わせが悪いことによるデメリットや、原因や気をつけたらいいことなどありますか?」

噛み合わせが悪い原因とデメリットについて

矯正を考えている理由でやはり多いのが「噛み合わせ」です。

今回は噛み合わせが悪いことのデメリットとその原因についてお話します。

 

噛み合わせが悪いことによるデメリット

1,顎関節症を始め、身体に負担がかかる

噛み合わせが悪いと、顎関節に負担がかかってしまい、顎関節症になる可能性が高まります。

身体の歪みにつながったり、 顎関節症になると、肩や首が凝ってしまうことにもつながります。

 

また、人間は噛むことによって脳へ血液を送ることができ、脳の活性化をしているのですが、噛み合わせが弱いと噛む力も弱くなるので、脳の働きも悪くなると言われています。

 

2,胃腸障害や肥満の原因にもなる

噛み合わせが悪いと、食べ物を十分に噛み砕くことができなくなってしまうので、消化するのに負担がかかってしまいます。

胃腸の問題もあるという方は、十分に咀嚼(そしゃく)できていないことも考えられます。

 

3,歯周病や虫歯になる可能性が高い

歯並びが悪いと、歯磨きを十分にすることが難しいので、汚れを取りきれずに細菌を繁殖させてしまいやすい状況になります。

よって、歯周病や虫歯になる可能性が高くなってしまいます。

 

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせの悪さは多因子性疾患だと考えられています。

1,歯並びが悪い

一番の理由はやはり歯並びが悪いということです。歯並びが悪いと、きちんと噛み合うことができないので、噛み合わせが悪くなってしまいます。

 

2,顎関節が成長不全

顎の関節がきちんと成長できていないと、歯がうまく収まることができず、噛み合わせが悪くなってしまいます。

 

3,歯ぎしりや歯を食いしばる癖

緊張した時や力を入れるときに、ついつい歯に力を入れてしまっていませんか?

また夜寝るときに歯ぎしりをしてしまっていたりする方は、噛み合わせが悪くなる習慣があると言えます。

 

終わりに

噛み合わせが悪いことは、身体にとって様々な障害を引き起こします。

噛み合わせを悪くする習慣はできるだけ改善し、歯並びが原因の場合は、歯科医に相談して矯正を考えるといいかもしれませんね。

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら