インプラントについて,スタッフブログ

インプラントのための骨造成について

doctor_n_01

こんにちは 医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 

歯科医師の西野です。今日は当院で力を入れているインプラント治療についてご説明します。

インプラントが長く機能するための大きな条件の一つとして、インプラント埋入する部位の骨に必要十分な幅と高さが必要です。当院ではインプラント手術させていただくすべての患者様にCT撮影し診査診断するのですが、その結果、骨の状態がインプラント埋入に適さない場合があります。ここでは、そんな患者様へのインプラント埋入するための骨造成についてご紹介します。

GBR 

インプラントを埋入したい部位に必要十分な骨の幅や高さがない方への処置です。骨の足りていない部分に骨の代わりとなる骨補填材を入れてインプラントが骨でしっかり支えられるようにします。GBRをしてもすぐにインプラント埋入できる訳ではないケースもあるのでGBR後通常は3か月から半年程期間をあけてからインプラント埋入を行います。骨の足りない量が少ない場合はインプラント埋入と同時にGBRを行うこともあります。

上顎洞挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト)

上顎臼歯部(上顎の奥歯)には上顎洞という空洞が存在するため、ほとんどのケースにおいて骨量は少なくなっています。上顎骨は下顎骨に比べて柔らかいので、歯が抜けると急速に骨吸収を起こし、骨量は減っていきます。インプラント埋入する時には骨が足りなくなっているのです。

このような場合のインプラント埋入には特殊な処置が必要であり、手術の難易度は高くなります。手術方法としては、上顎洞底部に骨造成する《上顎洞挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト》と、骨が少ない部位を避けてインプラントを斜めに埋入する《傾斜埋入インプラント》があります。

ここでは《上顎洞挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト》について説明します。

上顎洞底部に骨造成する方法を上顎洞挙上術といいます。骨の残存量が非常に少なく、インプラントの同時埋入が不可能な場合は、上顎洞挙上術をまず行い、半年程してからインプラント埋入を行います(段階法)

ある程度骨が残存し、インプラントを残存骨に固定できる場合は、上顎洞挙上と同時にインプラント埋入を行います(同時埋入)

手術方法はサイナスリフト(側方アプローチ)とソケットリフト(歯槽頂上アプローチ)の二通りです。

スプリットクレスト

歯槽骨の幅が薄くてインプラント埋入することが困難なケースに行います。骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入しながら少しずつ骨幅を広げインプラントが埋入可能な状態にします。

ソケットプリザベーション

歯槽堤の温存を図る処置。抜歯した後に骨補填材等を抜歯窩に埋めて歯槽骨の吸収を防ぐ方法。

 

当院では他院では不可能といわれたケースも様々な処置を行いインプラント手術を行っています。

インプラント治療ご希望の方は当院までお気軽にカウンセリングにお越しください

インプラントバナー 矯正バナー