スタッフブログ

親知らずって抜いたほうがいいの?

こんにちは!大阪デンタルクリニックの山崎です。

抜くの大変って聞いたんですけど・・・・

顔腫れたり、熱が出たり、何より痛そうだし怖いんですけど・・・

様々な疑問を持たれている方は多いようです。私自身も患者様のお口のクリーニングを

させていただいてる時、このような質問をされることがあります。

そこで、抜歯をした方がよいケースをご紹介します。

<1>虫歯になっている

神経に達するような大きな虫歯だと、きちんと治療するのが難しいので抜歯をすすめることが多いです。

小さな虫歯であれば生え方によっては治療が可能なケースもありますが、親知らずはブラッシングが

難しいため、治療をしてもふたたび虫歯になるリスクは高いです。

きちんとブラッシングすることがむずかしい状況であればこの時点での抜歯を選択されるかたも

いらっしゃいます。

<2>歯茎の炎症

親知らずの周りに汚れがたまると歯茎に炎症が起こり、痛みやはれが出ることがあります。

歯の周りの清掃をさせていただき、消毒をし、お薬を飲んでいただくことにより治まる場合が多いですが、

再発を繰り返すようであれば抜歯をおすすめします。

<3>かみ合わせの役に立っていない

横向きに生えていたり、中途半端に生えていて上下の歯でかみ合わせていない場合、磨きにくさから

その存在が邪魔になっていることも少なくありません。放置しておくことにより、となりのかみ合っている

歯が虫歯になるともったいないので、リスクを下げるために予防的に抜歯することもよいかもしれません。

 

・・・とはいえ、必ずしも抜かないといけないわけではありません!

 

お口の奥行きが広く、上下ともに綺麗にかみ合っているような場合、抜く必要はありません。

他のひとより歯が多いのでラッキーです!奥まできちんと磨いて大切にしましょう!

ご自身の親知らずについては、歯科医師とよく話し合い、納得された上で抜歯もしくは

保存の選択を考えていきましょう。お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

 

インプラントバナー 矯正バナー