スタッフブログ

ガムで虫歯予防はできるの?

こんにちは(^^)!大阪デンタルクリニックの衛生士 古谷です。

突然ですが、ガムを普段持ち歩いて噛んでいる人は多いのではないでしょうか。

私もガムはすきなのですが、一つの効果である「虫歯予防」は

本当にできているのか?ご紹介したいと思います。

 

ガムに含まれるキシリトールは、虫歯菌自体の増殖を抑えます。

虫歯菌にとって、キシリトールという糖分は、「毒」なのです。

なので、虫歯菌がキシリトールを食べると、虫歯菌は増殖することが

できなくなってきます。それにより、キシリトールガムはあります。

 

キシリトールの甘さにより唾液を出させる効果→唾液が増えることで

虫歯を作る酸を中和する能力が高まり、再石灰化を促進させます。

 

・プラーク中のphを5.7以下に下げない

・虫歯の原因となる酸の産生がない

・唾液の分泌を促す

 

~ガムの選び方~

①キシリトールの含有率が50%以上であること

 含有率はキシリトール(g)÷炭水化物(g)×100で計算できます。

②糖質が0gであること

 いくらキシリトール入りでも、虫歯菌のエサである糖類が入っていては非常に残念です。

③酸性物を含まないこと

 それ自体が酸性である、クエン酸や果汁入りのものは避けるとよいでしょう。

 その酸性度にもよりますが、脱灰の危険性がないとは言えないからです。

 

選び方次第で、ガムでも多少は虫歯予防もできるようですね。

程々に美味しく噛んで、健康的な歯にしていきましょう。

インプラントバナー 矯正バナー