スタッフブログ

歯磨きはしていても・・・

こんにちは。
 
医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の池本です。
 
皆さんが来院される主たる理由の一つとして虫歯があります。
 
これは昔も今も変わりません。
 
毎日きちんと歯磨きしているのに虫歯になってしまった・・・といった声はよく聞きます。
 
ある研究結果では、数日間に渡り正しいブラッシング方法で何時間磨き続けても数%の磨き残しがあったとのデータがある様で、
 
この事からもご自身の日常の歯磨きだけで汚れを100%取り除くことは残念ながら不可能に近いようです。
 
それを定期検診時のクリーニングでキレイにさせて貰っているのですが、食後に歯磨きしない、甘いものが好き・・・
 
といった他にも虫歯になりやすい条件があります。
 
・口呼吸をしている:口呼吸をしていると口腔内が乾燥し、唾液の自浄作用の低下で虫歯になるリスクが高くなります。
 
・間食が多い:飲食の回数が増えると口の中が酸性状態になる時間が増え、虫歯になるリスクが増えます。
          
・コーヒー、紅茶、ジュースをよく飲む:ジュースは糖分が入っているので当然ですが、コーヒーなどのカフェインも大量に飲むと唾液の分泌が減り、これも虫歯のリスクを高めます。
 
・歯磨き粉のつけすぎ:多ければいいというわけではなく、発泡作用と清涼剤の爽快感から磨けたと錯覚してしまいがちです。
 
・歯ぎしり:歯の病面に微細なヒビが入り、虫歯が進行しやすい状態になったり、歯の根元が削れた様になってきます。不適切なブラッシング方法もそれを助長します。
 
等々、この様な内容が主に虫歯になるリスクを高めるのですが、一番注意して頂きたいのが治療途中の歯の放置です。
 
痛みがなくなったとの事で安心され、通院が億劫になってしまうのは理解できるのですが、歯を削った以上は何らかの詰め物や被せモノをしてはじめて治療終了です。
 
治療途中の歯は他の健全な歯に比較して虫歯になるリスクはもちろん、今以上に症状が悪化する可能性が大です。
 
治療途中の方や詰め物、被せモノが外れたままの方は可能な限り早く治療していきましょう。
 
インプラントバナー 矯正バナー