スタッフブログ

歯磨剤とブラッシング

こんにちは。衛生士の詫間です!(^^)!毎日何気に使う歯磨き剤、どんな働きがあるか調べてみました。歯磨剤の作用には ①歯面研磨、清掃効果に汚れを除去するために不溶性物質によって機械的に除去するリン酸カルシウムや水酸化カルシウムがあります。②発泡、吸着、中和作用には界面活性剤など汚れた歯面を化学的に清掃します。③口腔内の細菌の発育を抑制したり殺菌する作用。

歯磨き剤には虫歯予防のフッ素が入っていますがフッ素をお口の中で長く留めるほうが効果あり磨いた後は少ないお水で(15mlぐらい)一回だけすすぐ、その後1~2時間飲食を控える。虫歯になりやすい就寝前がおススメです。

磨き方でおススメしたいのは二度磨きです。歯磨き剤で磨くと発泡してお口の中で十分磨けていないのに磨いた気になってしまいます。まずは歯ブラシに歯磨剤をつけずに歯ブラシの毛先で歯全体の汚れを隅々まで磨く。その後、歯磨剤をつけてもう一度磨く。このように磨くとコーヒー、紅茶、お茶などのステイン(着色)の防止にもなります。

私はコーヒーが大好きなのでステインが気になりますが一日一回、夜に二度磨きで丁寧に磨いてみようかなと思いました(^^)v お口の中を健康に気持ちよく保ちたいですね(*^_^*)

 

インプラントバナー 矯正バナー