スタッフブログ

歯の欠損の放置

こんにちは。

医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の池本です。

 

歯の抜歯後の放置や大きな虫歯等で、部分的に歯がないといった状態を放置されている方はご注意ください。

 

歯は上下、前後の歯があることによってそこに留まっているのですが、噛み合う歯がなくなると今までかみ合っていた歯が伸びるように動いてきます。

また、無くなった部分を補おうとして前後の歯が倒れてきます。こうなってしまうと治療の回数が増えるばかりか、他にも色々と弊害が出てきます。

 

特に奥歯の欠損については深刻です。

顎は奥歯と顎の関節によって位置が決まっており、奥歯がなくなることによって顎の位置が変わってしまい、顎の痛み、顎関節症をはじめ、

口腔関係以外にも筋肉痛、平衡感覚、神経障害等々、体の方にも悪影響を及ぼすこともあります。

また、舌の位置や頬の筋肉の位置が変わり話が聞き取りにくくなることがあったり、食べ物をしっかり噛み砕くことができないため、胃腸への負担が大きくなる他、

審美面では、奥歯の欠損が多数ある場合などは噛み合わせが深くなり、前歯が強くぶつかるようになって徐々に出っ歯になってしまったり、

片方の奥歯がなくなることによって噛み癖が付いてしまい、歯がある方ばかりで噛むようになり顔の周りにある噛む筋肉の付き方が変わってきて、左右の顔が違って見えてしまう様な事もあります。

 

上記のように歯の欠損は見た目の問題だけに関わらず色々と大きな弊害を起こしかねません。

奥歯でしっかり噛むことによって脳は刺激を受け活性化します。それによって将来的に認知症等のリスクを下げることに繋がる事も考えられます。

歯の欠損に関しては早めの治療を心掛けてください。

ただ、一番後ろの奥歯一本の抜歯等に関しての欠損については少し咀嚼効率は落ちるものの、

対になる歯のかみ合わせ等によってはそこに関して何らかの治療が必要でない場合もあります。

 

 

 

 

インプラントバナー 矯正バナー