スタッフブログ

詰め物がとれた際に・・・

こんにちは。医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の池本です。

 

金属の詰め物が外れたので診てほしいといったケースはよくあるのですが、

詰め物が外れるのは何らかの原因があっての事なので、虫歯になっていたり、欠け、隙間がある様な場合はもちろん、

仮に詰め物が元に戻る様な場合でも新しく作製されるのが望ましいです。

 

その際にケースにもよるのですが、白い詰め物(セラミックス)を検討されてみても良いかもしれません。

セラミックスの利点は、簡単に言えば審美性に優れているという事と、保険治療の金属の詰め物とは製作工程が異なるので

虫歯になりにくく、保険治療の金属の詰め物に起こりがちな劣化や審美面での問題もありません。

また、レジン(プラスチック)素材の様な変色が殆どないため綺麗な白さを保つことができ、

金属アレルギーなどの副作用の心配もなく安心して使用できます。

 

金属の詰め物がとれた際に一度お考え頂くのも良い機会であると思います。

保険診療外の治療となりますが、少しでも歯をキレイにしていきたいとお考えの方には外せない材質ですね。

 

 

 

 

 

 

 

インプラントバナー 矯正バナー