スタッフブログ

インプラント手術の際の麻酔について

こんにちは、医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の西野です。

今回はインプラント手術の際に併用することが多い静脈内鎮静法について簡単にご説明します。

 

インプラント手術の際の静脈内鎮静法という麻酔法

インプラント手術は、基本的に局所麻酔を使用します。全身麻酔は、呼吸管理の必要性やリスク・副作用があるため、基本的には使用しません。

しかし、局所麻酔だけで手術を行うことは、痛みは軽減できても、恐怖や不安、緊張などストレスは感じます。治療中の医師の声やドリルで骨を切削する音が聞こえてくるのです。

インプラント治療をより快適に受けていただくために、当院では、静脈内鎮静法併用による手術をおすすめしています

静脈内鎮静法(セデーション)とは?

静脈内鎮静法とは、静脈から薬剤を点滴し、意識が薄れた状態を作る方法を言います。

一般歯科治療で使用する局所麻酔は、痛みは軽減できますが、意識が鮮明であるため、不安や恐怖、緊張を軽減することはできません。
虫歯治療の、歯の形を整える「キーン」という音が苦手な人も少なくないと思いますが、痛みを感じなくても、音や振動が伝わってくるのは、大きなストレスになるものです。

静脈内鎮静法は、ウトウトとした半分眠っている状態を作るため、治療中のストレスを軽減することができます。
そのため、静脈内鎮静法を使用してインプラント手術を受けた患者様は、「目が覚めたら手術が終わっていた」「手術時間が短く感じられた」「楽だった」などとおっつしゃられることが多いです。

手術は局所麻酔を併用して行います

静脈内鎮静法には、鎮静効果がありますが、痛みを抑える効果はありません。そのため静脈内鎮静法と局所麻酔のどちらも使用して治療を行うのです。

このような患者様には静脈内鎮静法による手術をお勧めしています

次に当てはまる患者様には、特に静脈内鎮静法による手術をお勧めします。

  • 嘔吐反射が強い方
  • 全身疾患をお持ち方や全身管理の元で治療が必要な方
  • 治療に対する恐怖心が強い方(歯科恐怖症の方)
  • インプラントの埋入本数が多い方・治療範囲が広い方
  • 治療中に気分が悪くなったことがある方
  • 気楽にインプラント治療を受けたい方

など

静脈内鎮静法のメリット・デメリット

メリット

  • 意識が全くなくなるわけではないので、呼びかけに応じられる
  • 全身麻酔のような呼吸管理が必要ない
  • 全身麻酔とは異なり、入院の必要がない
  • 血圧や心拍数が安定する

など

デメリット

  • 麻酔からの回復は早いが、手術直後は眠気が残る場合がある
  • 手術当日は自動車の運転や激しい運動はできない
  • アレルギーがある場合に、適用にならない場合もある

など

治療前の注意事項

  • 手術日の前日や当日に風邪や発熱、体調不良を自覚した場合は、手術が延期される場合がございますので、その際には早めにご連絡をお願いします。安全確実に治療が行われるために大切なことは、患者さんご自身による体調管理です。手術日に向けて睡眠を十分にとり暴飲暴食を避け、アルコール類も控えめにして、御自身の体調を万全に整えるようにしましょう。
  • 治療が午前中からの場合には、朝食は満腹にならないように軽めに済ませます。 お水とお茶のみ手術開始の1時間前までなら飲んでもかまいません。以後は指示がない限りは、口にしないようにしましょう。(万が一ですが、治療中に嘔吐して喉を詰まらせないようにするためです。)
  • 内科の先生から毎日飲むように指示されている内服薬は、特に指示がない限りはいつもの通りに服用してください。

治療後の注意事項

  • 薬の影響で、眠くなったりフラついたりすることがあります。帰宅時には付き添いの方が居られたほうが望ましいですが、無理な場合には、十分な回復を待って一般の交通機関などを利用しましょう。
  • 当日は車の運転は絶対になさらないで下さい。
  • 帰宅後に眠くなることもあります。当日は激しい運動は避け飲酒も控えてください。ゆっくり体をやすめることを心がけてください。

静脈内鎮静法の最大のメリットは安全性の高さ

静脈内鎮静法の最大のメリットは、安全性の高さと言えます。安全性が高く、手術終了後は速やかに麻酔効果がなくなります。

また、静脈内鎮静法をより安全に使用するために、麻酔専門医が全身管理を担当し、生体情報モニターで心拍数や血圧などを管理します。

 注意点
■全身状態によっては、静脈内鎮静法ができない場合がございますので、事前に、歯科麻酔科医による患者様への体調・病歴などの問診がございます。
内科や他科に通院・服用しているお薬・アレルギーなどがあれば、必ずお知らせください。
■手術当日は、自転車・自動車・バイクなどの来院はお控えください。
■手術前のお食事は、基本的に3時間前までにおすませください。糖尿病でご加療中の方や嘔吐反射が強い方は、この限りではないことがございますので、担当医に確認してください。
■女性の方は、マニキュア・ヒール靴などはお控えください。
■手術終了後は、多少ふらつきが残る場合がございますので、大切なお仕事はお控えください。 •ご家族など、付き添いの方のお迎えをおすすめいたします。
■術後に、めまい・吐き気などの症状が出現することが、稀にございます。 費用や、ご不明な点がございましたら、お気軽に担当医に確認してください。 

静脈内鎮静法にかかる費用

当院では、静脈内鎮静法を併用する場合には麻酔費用が別途かかります。
保険外診療(自由診療)で静脈内鎮静法を使用する場合には、保険が適用になりません。そのため、静脈内鎮静法についても、歯科医院によって費用は異なります。

インプラントバナー 矯正バナー