インプラントについて,スタッフブログ

インプラントの費用について

 

 こんにちは。医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の西野です。

今回はインプラント治療にかかる費用についてご説明します。

インプラント治療は保険適用されません ※一部適用あり

保険診療と自由診療について

保険診療って?
保険診療は、だれでも平等に同じ費用で、悪くなった歯を噛めるようにすることを目的とした治療に適用されます。

自由(保険外)診療って?
治療の必要な歯や健康な歯に、より質の良い仕上がり(見た目や使用感)を求める場合には、保険診療は適用されず、自由(保険外)診療となります。

インプラント治療は保険が適用されないの?

インプラント治療は自由(保険外)診療として扱われる場合がほとんどです。
平成24年4月より、病気や事故などによって、広範囲にわたって顎の骨を失ってしまった場合に、国が定めた条件を満たせば「インプント義歯治療」が保険適用されるようになりました。しかし、適用となる対象は非常に限られおり、それ以外の場合は自由(保険外)診療となります。

    <自由診療となる例>

  • 虫歯や、歯周病、外傷などによって歯を失ったことによるもの
  • 歯周病や加齢による顎の骨の吸収(骨が痩せた)ことによるもの
 

今後、保険適用になる可能性はありますか?

インプラント治療は歯を失ってしまった部分に、人工の歯根を埋め込み、その上に自分の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れる治療です。保険適用の入れ歯やブリッジと比べ、コストや時間がかかる治療ですので、今後すべてのインプラント治療が保険診療となることは難しと思われます。

インプラント治療はなんで高額なの?

インプラント治療は、保険診療が適用される治療と比べると、コストや時間がかかる治療です。天然の歯の隣でも違和感のない見た目になるように配慮したり、かみ合わせや使用感をよりよくするために繊細な調整が必要とされるためです。どんなところにコストがかかるのか、しっかり理解してから、治療にのぞみましょう。

■手術でコストがかかる
必ず行われる外科手術では、雑菌が入り感染を起こさないために、環境を整えたり、使い捨ての物品を使うなど、細心の注意を払いながら行われます。

どんな手術が行われるの?
  • インプラントを埋め込む手術
  • 骨を増やす手術※
※骨の量が少なく、そのままではインプラントを埋め込むことができない場合にのみ、前処置として行われる手術です。

■人工歯の作製でコストがかかる
最終的にインプラントに装着する人工歯の作製では、精密に歯の型を取るための材料を用いて、お口の状態に合う仕上がりにするために、通常の型取りよりも少し時間をかけて行います。時間をかけて行うため、保険診療が適用される治療と比べるとコストがかかってしまうのです。

 インプラントの費用を安くする方法

「インプラント費用を安くする方法」などが、インターネットなどで多数紹介されています。
インプラント治療は保険のきかない自由診療ですから、どんな方でも「少しでも費用を抑えたい」と思われることでしょう。

しかし、「安かろう悪かろう」では話は別です。
インプラント治療は、顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む手術を行います。「安かろう悪かろう」では、取り返しのつかないことにもなりかねないのです。
インプラント費用を安くする方法として、主に次の方法が挙げられます。

 

1.医療費控除を受ける

インプラントは医療費控除の対象ですから、インプラント費用自体は安くできませんが、還付金を受けることができ、支払った医療費の一部が戻ってきます

 2.費用の安い歯科医院でインプラント治療を受ける

格安インプラント」などと耳にすることがありますが、歯科医院によってインプラントの費用は大きく違っています。インプラント費用を安く謳っている歯科医院を選ぶというのも一つの方法かもしれませんが、注意点も多数あります。(安いインプラントの注意点については、以下に紹介しています。)

安いインプラントの注意点

インターネットなどで「格安インプラント」という文字を見かけることもありますが、インプラントの料金を安く設定している歯科医院も少なくありません。しかし、使っているインプラントの素材や検査内容などで価格を抑え、料金を下げている場合もあるのです。

価格が高ければ安心ということはありませんが、安い場合には次のような点に注意することをお勧めします。

安いインプラントはココに注意!

  • インプラントのメーカー
    今後消えてしまうようなメーカーでは、将来保証やメンテナンスを受けられなくなる可能性も…。
  • 麻酔
    局所麻酔のみの可能性があります。静脈内鎮静法を希望する場合は確認が必要です。
  • 検査内容
    いまやCT撮影は必須とも言われていますが、パノラマレントゲンのみというケースもあります。当院ではインプラント手術させて頂く患者様は必ずCT撮影させていただいております。
  • 上部構造の素材
    上部構造(被せ物)の素材は、審美性だけでなく耐久性にも影響します。一見それほど変わらないように見えても、使っているうちに劣化・変色・破損など、違いが生じてくる可能性があります。
  • 保証
    保証が短いと、何かあった時に出費が増えてしまう可能性も。10年保証が多い中、2~3年程度の保証では少し心配かもしれません。
  • 医師の技術
    インプラントの成功には、医師の技術力が不可欠です。いくら安くても、技術が伴わない医師の治療では、やはり安全とは言えません。

1本10万円のインプラント、本当に10万円だけで治療可能なのか。

インプラント1本10万円などと謳っている歯科医院もありますが、注意すべきなのは、「その10万円に何の費用が含まれているのか」という点です。
1本10万円が、インプラント体(人工歯根)と手術費用しか含まれていなかったら…検査費用や被せ物(人工歯)などの費用は別途かかるということになります。

1本いくらと謳っている歯科医院であっても、実際に治療を終えるまでにかかるおおよその費用、治療後のメンテナンスにかかる費用などを事前に詳しく説明してもらい、納得して治療を開始することが大切でしょう。

安心・安全な歯科医院を選べば、インプラント費用は安くなる

 

インプラントのトラブル・失敗に対する再治療で、費用が生じる場合もあります。たとえ、失敗した治療にかかった費用が戻ってきたとしても、それだけでは済まないことだってあります。
また、十分な保証がない場合には、治療後のトラブルに多額な費用がかかってしまうこともあるでしょう。

目先の費用だけで選んで、結局高くなってしまうこともあり得ますから、費用や治療について十分に説明を受け、納得して治療を受けることが大切です。

インプラント治療は自由診療なので、他の治療費に比べて高いと感じる人も多いかもしれません。
しかし、値段だけで比較するのではなく、他の治療との審美性や寿命、保証、噛み心地などを総合的に考慮することが大切でしょう。

当院は、インプラント手術を長年手がけており費用はもちろん、手術のリスクや治療期間、成功率などを詳しく説明し、ご納得いただいてから治療に入ります。インプラント治療についてのご相談については随時受け付けておりますので、治療を行う歯科医院選びに迷ったら、ぜひ当院へ一度ご相談ください。

インプラントバナー 矯正バナー