スタッフブログ,歯医者ブログ,記事

歯のクリーニングで仕事がデキる人に!頻度は?どこで?

歯のクリーニングで仕事がデキる人になりましょう

 
みなさんこんにちは、大阪デンタルクリニックです。
 
最近は歯のクリーニングをする人が増えてきていますね。
 
欧米では「白い歯がステータス」とも言われるほどで、歯が汚いと就職やお仕事などにも悪影響が及んでしまいます。
 
日本では「歯医者には、なにか異常があったときに行く」という意識が強かったと思いますが、最近では変わりつつあるようです。
 
「歯」は日常的に気にかけていないと綺麗にならないので、ごまかしがききません。
 
歯が汚いだけで普段の生活もだらしないと思われてしまう可能性もあります。
 
特に、印象が極めて大事なお仕事では致命的な欠陥になりかねないので、好印象を持ってもらい信頼を勝ち取るためにもクリーニングはますます重要になってくるでしょう。
 
そこで今回は「どれくらいの頻度でクリーニングはするべきなのか?」に加えて、「歯の健康がどんな影響をあたえるのか?」についてもお話ししたいと思います。
 

2~3か月に1回が理想的

歯の健康と白さを保つためには、2~3か月に1回通うことが一般的には理想的と言われます。
 
歯医者でクリーニングをすると虫歯菌や歯周病菌が少なくなりますが、その後放っておくと再び増殖してしまいます。
 
一度少なくなった虫歯菌や歯周病菌が元の数になるまで一般的に2~3か月かかるので、2~3か月に1回歯医者でクリーニングをしていれば、これらの菌が悪さをする前に取り除けます。
 
ただ、この頻度には個人差があり、最適な頻度は歯医者での診断でわかります。
 
そのため、診察を受けて自分に合った頻度を見つけるまでは、2~3か月に1回と考えれば良いでしょう。
 
歯磨きではどうしても落とせない歯垢・歯石があるので、これが虫歯になって大がかりな治療が必要になる前に取ってしまうことが大事なんです。
 
「治療」よりも「予防」の方が負担が少ないのはどのような病気であっても同じです。
 
ずっと綺麗で、銀歯もない歯を保つためにも一度診てもらって最適なメンテナンス頻度を知ることが大事になります。
 

歯は意外と見られてる?汚いと「だらしない、信頼できない」と思われる

「歯の健康は大事なんて、言われなくてもわかってるよ!」と言われてしまいそうですが、逆に歯の健康を気遣わないとどんな悪影響がありそうか、まで考えたことはありますでしょうか?
 
もちろん虫歯になったら個人的に痛いですし、「銀歯にするのはイヤだなー」などの個人的な問題はイメージがしやすいと思います。
 
ただ、もっと問題なのは、「人にどう見られているか」ということです。
 
親しい間柄なら性格など色んなことを考慮して判断してくれますが、初対面やあまり面識がない人を判断するときはどうしても見た目での判断になってしまいがちです。
 
髪や服装を綺麗にしていても、歯がお世辞にも綺麗とは言えない場合、どう思われてしまうでしょうか。
 
「普段はあまり清潔にはしていないのかな」、「繕っているだけなのかな」とせっかく整えた髪や服装までもがあまり評価されず、「プライベートがだらしない人」と思われてしまいかねません。
 
歯の健康は「その人の日常を映す鏡」ですから、歯の健康を気遣わないだけで、他の身だしなみへの努力が全部水の泡になってしまう危険もあるのです。
 
これはデータでもしっかりと表れてしまっています。アンケートサイト「Qzoo」(http://qzoo.jp/)が20〜40代のお仕事をしている男女300名に対して行った「歯が黄ばんでいる人の印象」というアンケートでは、

「笑顔の輝きが減る」(84.3%)
「不潔に見える」(80.0%)
「好きな人でも冷める・がっかりする」(73.0%)
「老けて見える」(71.3%)
「だらしない」(63.3%)
「自己管理ができない」(59.3%)
「一緒にいると恥ずかしい」(52.3%)

など相当悪い印象を持たれていることが分かります。
  
ここまで悪い印象を持たれてしまってはお仕事もままならないでしょう。
 
肌や髪と同じように歯も気にするべきポイントであると言えそうです。
 

仕事がデキる人は歯の健康をとても気にしている?「芸能人は歯が命」は大げさじゃない!

「芸能人は歯が命」とはよく言われたものです。
 
実際に芸能人の方は歯並びも綺麗で、とても白い歯をしています。
 
これは自然とそうなのではなく、歯の健康を気にしているからなのです。
 
芸能人が売っているものは、その人の「イメージ」に他なりません。
 
イメージを損なうようなことをすれば一気に芸能人としての価値は落ち込んでしまいます。
 
そんなイメージのスペシャリスト達の命とまで言われたのが「歯」なのです。
 
芸能人に限らず、仕事がデキる人の多くは歯の健康を気にしています。
 
仕事は一人ではできませんから、他の人が自分をどう見ているのかを自覚していないとなかなか「デキる人」とは呼ばれませんよね。
 
彼らは自分がどう見られているかを自分でコントロールしています。
 
イメージの命である歯の健康を気にすることは、デキる人たちにとってはあまりに当たり前のことなのかもしれませんね。
 

「歯医者は痛いから嫌だ!」という方へ

自分のイメージを貶めないために歯のクリーニングに行ってみようかと思っても、「痛いの嫌いだから、歯医者に行くのは腰が重くて仕方がない・・・」という方は結構多いですよね。
 
「歯医者が嫌いなんて子供っぽくて言いたくない」という方も多いようですが、痛いのが好きな方なんていませんよね。
 
定期的に通うならなおさら、痛くない治療を目指すべきでしょう。
 
そんな「痛いのキライ!」な方に向けて、大阪デンタルクリニックでは「痛くない治療」をコンセプトにしています。
 
お客さまからは、

西さま(28歳)
「歯が痛かったので、インターネットで歯医者を探していると大阪デンタルクリニックさんを見つけました。歯医者は怖くて厳しいイメージがありましたが、こちらのスタッフさんは笑顔で対応してくれて、先生も優しく対応してくれました。虫歯治療も痛みが少なく、すぐに治療が完了しました。先生から『歯は問題が起こってからではなく、予防が大切』と教えていただいたので、それから月に1回歯のメンテナンスをしています。以降虫歯にはなっていません。」

芹生さま(37歳)
「大阪デンタルクリニックは今まで通ったことのある歯医者と違い、細かなところまで説明を受けることができました。また、先生と衛生士の皆さんが優しく、治療や指導もとても丁寧で患者のことを一番に考えているように感じられたので、安心して通い続けることができたのだと思います。今では、綺麗な歯を保つためにブラッシングを意識するようになりました。ここまで歯の健康に気を遣うようになったのは、大阪デンタルクリニックに通うようになったからです。」

といった声をいただいております。
 
また「近くに歯医者がなくて、遠くまで行かないといけない」という方でも通いやすいように、梅田(大阪)の地下鉄や阪急・阪神・JRの駅からでも5分程で通えるようになっています。地下から通れるので雨が降っても安心です。
 
また土日診療も行っていますので、お仕事で平日は空いていない場合でも問題ありません。
 
大阪でお仕事をされる方やお仕事へ行くのに大阪・梅田を通る方は定期券の範囲内で治療も受けられるので、無理なくご自身のお好きな時間で通うことができます。
 
痛くない治療を、お仕事帰りや梅田で買い物をするついでに受けていただくことができますので、ぜひ一度ご来院ください。
 
「仕事でいい印象を持ってもらいたい!」、「痛くない治療を受けたい!」という方はこちらまでお越しくださいませ。
↓ ↓ ↓
http://osaka-dental-clinic.com/newcomer
スクリーンショット 2017-02-16 12.39.37