歯を白くしたい

「芸能人のような白い歯に憧れます。ホワイトニングをすることも考えているのですが、その他の方法があれば教えて下さい。」

歯を白くする5つの方法

美しい白い歯にあこがれる人は多いのではないでしょうか。

今回は憧れの白い歯を手に入れるための5つの方法をお伝えします。

 

1,美白効果のある歯磨き粉を使う

最近は歯磨き粉の種類も豊富に販売されていますよね。

その中で美白用の歯磨き粉を選んで歯磨きをしてみて下さい。

 

美白用の歯磨き粉には、歯に着色してしまったステインを浮き上がらせる成分と、歯の表面の汚れを浮き上がらせる研磨剤が含まれています。

 

ですが、大幅なホワイトニング効果は期待できないので、元々歯が白い人やホワイトニングの維持になるといった程度でしょう。

 

2,市販のホワイトニンググッズを使う

市販のホワイトニンググッズには、マニキュアや消しゴム、研磨用の布などが売られています。

 

どれも上手に使うとホワイトニング効果は期待できると思いますが、歯の表面を傷つけてしまう可能性が高く、一時的に綺麗になっても、その後に汚れがつきやすくかえって白くならないというデメリットもあります。

 

3,ホームホワイトニングをする

歯医者でマウスピースを作成し、薬剤をつけてするホワイトニングのことをホームホワイトニングと言います。

 

マウスピースを使って、少しずつ歯の色素を抜いていくので、効果を実感するまでに1〜2週間ほどかかりますが、持続効果は高いのが特徴です。

 

また、効果が落ちてきたと感じたら、再度行うことができるので、白い歯をキープしやすいといえるでしょう。

 

4,歯の掃除をする

歯の表面についてしまった汚れや、歯石は色がついていることが多いので、汚れを落としてあげることで白くなることもあります。

 

自分ではとれない汚れを歯医者で専門の機械をつかって落とすことで、ホワイトニング効果も期待できるだけでなく、歯周病対策に効果絶大なので、ぜひ掃除をしてみてくださいね。

 

5,歯医者でホワイトニングをする

「来週の結婚式までに白くしたい!」など、すぐに効果を実感したい場合には歯医者で行うオフィスホワイトニングがオススメです。

 

これはホームホワイトニングに使う薬剤よりも高濃度の薬剤を使うので、1度でも効果を実感しやすいものになります。

 

終わりに

どの程度白くしたいのか、どのくらいの費用をかけれるのか、ということによってホワイトニングの方法は変わります。

 

また、虫歯や歯周病がある場合はホワイトニングの前に治療をすることが大切です。

 

費用やどの方法でホワイトニングをするのかは担当の歯科医に相談してみてくださいね。

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら