痛い・しみるのはイヤ

「歯のホワイトニングをしたいのですが、痛いのやしみるのはイヤなんです。どういう場合に痛みやしみたりするんですか?また、事前に防ぐことができるのなら教えてください。」

ホワイトニングでの痛みやしみるのを防ぐ方法

ホワイトニングをする時や、ホワイトニング後に痛みを感じたり、しみたりするというのは健康な歯の人でも起こることがある現象です。

 

なぜ痛みを感じるのか、どうしたら防ぐことができるのかということについてお話します。

 

ホワイトニングで痛みを感じる理由

実はホワイトニングの薬剤は消毒薬を高濃度にしたものなので、傷口につけるとしみて痛みを感じてしまいます。

 

歯は表面のエナメル層の内側に象牙質があり、神経を守っています。

 

エナメル層がはがれてしまっていて、象牙質が出ている部分は傷口と同じなので、しみてしまうんですね。

 

目に見えなくても、細かいヒビや歯ぎしりによって先端が削れていたりすると薬剤が象牙質にまでとどいてしまうことがあります。

 

ですがこれは知覚過敏で起きる現象で、歯に害はありません。

 

ホワイトニング時にしみることを防ぐ方法

1,歯医者でホワイトニングする

歯医者でホワイトニングすることで、象牙質が出ている部分を避けてホワイトニングすることができるので、しみるのを防ぐことができます。

 

2,歯周病や知覚過敏の治療をする

歯周病で歯の根元が出ている場合や、知覚過敏になっているとホワイトニングがしみることがあります。

 

ホワイトニングをする際には、口内環境を整えてからしていきたいですね。

 

終わりに

痛みやしみたりすると、ホワイトニングを続けにくくなってしまいますよね。

普段から、口内環境を整えて、しみない歯を作っていきましょう。

大倉 賢郎

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら
インプラントバナー 矯正バナー