絶対に抜くもの?

親知らずを抜いたほうがいいのか悩んでいます。抜くのは痛いと聞くので少しこわいです。親知らずって絶対に抜かないといけないんですか?

親知らずを抜いたほうがいい場合・抜かなくても良い場合

 

親知らずを抜こうかな、と考えている人は多いと思います。

でも、「抜きたいけれど、麻酔も抜いた後も痛いし腫れるって聞くからこわい・・・」とおっしゃる方も少なくありません。

それに絶対に抜かないといけないというわけでもないんです。

 

では、なぜ親知らずを抜いたほうがいいとされているのでしょうか。抜かなくてもいい場合があるのでしょうか。

 

親知らずを抜かないほうが良い場合

1,噛み合わせが合っている人

親知らずのかみ合わせがしっかりと噛めている場合、無理に抜歯しなくても大丈夫です。この場合健康な歯をぬいてしまうことになるので抜歯しなくても問題ありません。

どうしても心配な場合は担当の歯科医に相談してみてください。

 

2,神経がない歯がある場合や歯科矯正を考えている場合

歯の神経がなくなってしまうと、植物でいうと、根がない状態になってしまいます。

なので神経を失った歯は寿命が短くなってしまいます。

 

そうなった場合、神経のある歯を移植することができるんですね。

 

だから、神経のない歯があったり、虫歯や矯正などで歯を抜いたりする可能性がある場合は、移植して使ったり、ブリッジにしたり歯の支えにしたりすることができるので、担当医に相談してみてください。

 

 

親知らずを抜いたほうが良い場合

1,お手入れしにくい場合

親知らずがまっすぐ生えていないせいで、歯ブラシをキレイに当てることができなかったり、デンタルフロスが入らなかったりと、お手入れしにくい場合は早めに抜いておいたほうがいいでしょう。

 

この場合、お手入れをしたくてもできないので、親知らずの部分に汚れがたまってしまってそこから虫歯が発生したり、歯周病になってしまうことが多いです。

 

そうなってしまう前に、お手入れがしにくい場合ははやめに抜歯して、口内ケアをしていきましょう。

 

2,歯科矯正をした人やしている人・歯並びが悪い人

みなさんもご存知のように、親知らずはなかなか真っ直ぐにはえてきませんよね。

横向きにはえてきてしまって、隣の歯を押してしまうことが多くあります。

 

こうなった場合、歯に圧力をかけてしまい、歯並びに悪影響をおよぼす可能性が高いです。

歯科矯正を終わらしている方でも、親知らずによって歯並びが乱れてしまったということも少なくないので、歯並びを気にする方は悪影響が出る前に抜歯しておいたほうがいいかと思います。

 

終わりに

親知らずを抜歯するかどうかは、自分で判断することは難しいですよね。

親知らずが原因で歯の痛みを感じていたり、お手入れのしにくさを感じている場合や、気になる場合は担当医に相談して決めてみてください。

 

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら