【大阪梅田の歯医者さん】インプラント・矯正・審美歯科も日曜日も診療の大阪デンタルクリニックにおまかせください!

大阪デンタルクリニック通信

  【2019.4.7】エムドゲイン歯周再生療法の勉強会に出席しました。

当院の診療部長である梁 俊信(りょう としのぶ)診療部長が大阪大学で行われた、Dr. Gunner Heden 特別講演会 ~歯周組織再生治療アップデート~に出席いたしました。

歯周再生療法も日々、進化しており、一昔前では即抜歯だった症例の歯を残せるようになってきております。大阪デンタルクリニックには、毎日多くのインプラント治療希望の患者様が来院しており、その中には他院で抜かないといけないと言われ、インプラントの事について聞きに来る患者様も多くご来院しております。

そんな中で、患者様の選択肢が一つでも増えるよう、日々、当院のドクターも率先して勉強会に出席しております。

エムドゲインとは?

エムドゲインとは、インプラントメーカーであるストローマン社の子会社であるスウェーデンのビオラ社が提供する、ブタ歯胚組織使用歯周組織再生材料であり、歯周ポケットが6mm以上の重度歯周炎の治療に使用する薬のことです。

日本では1998年に厚生労働省の認可がおり、2002年に改良版であるエムドゲインゲルが認可されています。原則健康保険が利かない自由診療の治療であるが2007年に先進医療に指定されています。

治療方法は、歯肉を切開し、歯根面を清掃し、その部分にエムドゲインゲルを塗布し、縫合することにより、歯周組織の再生を図ります。

また、歯周病だけでなく、インプラント周囲炎にも適用が可能です。

費用は、自費診療となり数万円の治療費が必要となりますが、
歯やインプラントが抜けてしまう事への対処療法として、当院では治療をご提供しております。

 

セミナーの詳細


大阪デンタルクリニックを
お友達に教えていただいたら、うれしいです!!


大阪デンタルクリニックを
お友達に教えていただいたら、うれしいです!!

予約はこちらから