【大阪梅田の歯医者さん】インプラント・矯正・審美歯科も日曜日も診療の大阪デンタルクリニックにおまかせください!

大阪デンタルクリニック通信

  【2019.4.22】CTおよびインプラントガイデッドサージェリーの勉強会を行いました。

クリニック診療室にて

大阪デンタルクリニックのスタッフ(歯科衛生士・歯科助手)に向けて、インプラント治療の時に活用するCTと、インプラント手術の時に使われる、ガイド(サージカルガイド)がどのような物なのかと、患者様のお口のデータ採集から、ガイドが手元に届いて、どのように手術に使うか迄の一連の流れの勉強会を行いました。

今回も、当院に設置しているCTメーカーのiCAT(アイキャット)の営業マンにお越しいただき、レクチャーしていただきました。

実際のサージカルガイドや口腔内カメラをお持ちいただき、入ったばかりの新卒の歯科衛生士・歯科助手の知識を深める良い機会となりました。

 

インプラントガイデッドサージェリーとは?

インプラント治療手術において、様々な重要な項目がありますが、「埋入位置と埋入角度の診断」と、その「決められたポイントに埋入する精密さ」の2つを最新技術がサポートしてくれます。

パソコンで埋入角度などを診断

その名もガイデッドサージェリー(ガイドを使用した手術法)です。

CTの立体データを基に、埋入角度や埋入深度、位置等を決めていき、そのデータ等を送れば、下記のようなものが届きます。

写真:サージカルガイド

これが、サージカルガイドと呼ばれる、マウスピース状のものです。

これを手術時、歯にはめる事で、術者は穴の開いた部分にインプラントを埋入する事により、フリーハンドではなく、精密な埋入手術が可能となります。

簡単な説明ですが、これがガイデッドサージェリーと呼ばれるインプラント手術方法です。


大阪デンタルクリニックを
お友達に教えていただいたら、うれしいです!!


大阪デンタルクリニックを
お友達に教えていただいたら、うれしいです!!

予約はこちらから