歯の正しい磨き方って?

「毎日歯磨きを欠かさずにしているのですが、キレイに汚れを落とせているのか心配です。正しい歯磨きの方法について教えていただけませんか?」

正しい歯磨きの方法について

せっかく毎日歯磨きをしていても、きちんと磨けていないと効果はないですよね。

今回は、効果のある歯磨きの仕方についてお伝えします。

 

1,フッ素入りの歯磨き粉を使う

フッ素入りのものが、歯を強くし、虫歯予防の効果が高いとされています。

 

ほかにも歯周病や知覚過敏用のものなど様々な種類の歯磨き粉があるので、ご自分の悩みにあった歯磨き粉を使ってみてくださいね。

 

2,あまり力を入れずに磨く

ゴシゴシと力を入れて磨くと、表面を削り過ぎたり、歯茎を傷つけてしまう原因になります。

150〜200gくらいの、ちょっとくすぐったいくらいの力で、歯ブラシの先が広がり過ぎないくらいがベストです。

 

3,小刻みに動かす

5ミリ〜10ミリの幅を動かすイメージで、1〜2本ずつ磨いていきましょう。

角度は45度が目安です。

 

4,歯垢(プラーク)を取り除く

歯の歯の間や、歯と歯茎の間、かみあわせの面には歯垢(プラーク)がたまりやすいと言われています。

 

この部分を入念に磨いて、最後にデンタルフロスをしましょう。

 

終わりに

歯の磨き方次第で、虫歯や歯周病を防げるのか大きく変わります。

磨き方に不安がある人は、一度歯医者ではの磨き方について直接教えてもらってくださいね。

 

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら