黒いのは虫歯?

「最近、歯に黒い部分があるのを見つけました。歯磨きをしてもとれないのですが、これって虫歯ですか?」

歯が黒くなるのは虫歯?虫歯以外に考えられる3つの原因

白い歯が黒くなってしまうと虫歯だと思ってしまいますよね。

もちろん虫歯の可能性が高いのですが、それ以外の原因も考えられます。

 

1,歯石

歯石というと、白や乳白色のイメージが有るかもしれません。

ですが歯周病がある人だと、歯茎からの出血で歯石が作られるので歯石が黒くなってしまいます。

血液の中の赤血球が唾液の中のカルシウムなどの成分と合わさって、黒く見えてしまうんですね。

この場合は歯茎の中で出血があるということなので、歯周病のケアを早期に始めましょう。

 

2,詰め物や銀歯が劣化してきている

詰め物が劣化して黒くなっている場合や、イオン化して流れでた金属が歯に付着して黒くなっている場合があります。

この場合の判断は、歯科医に相談して下さい。

 

3,歯の神経がなくなっている

歯の神経がなくなると、根っこがない植物と同じように、栄養分や水分を失ってしまうので黒ずんでしまいます

歯がもろくなったり、欠けたりして寿命が短くなるのでこの場合も歯医者に相談してくださいね。

 

終わりに

これら以外の原因ももちろんありますが、やはりいちばんは「虫歯」が原因のことが多いでしょう。

とりかえしがつかなくなってしまう前に、歯科医に相談して、適切な治療をはじめましょう。

大倉 賢郎

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら
インプラントバナー 矯正バナー