歯医者ブログ

親知らずの虫歯を放置したらどうなるの?

親知らずは、20歳前後で生えそろうと言われていて、顎の形や顔の輪郭により、生え方にも個人差があります。

親知らずは、生えてきたらなるべく早いうちに抜くのが良いです。

長く放置しておくと、根がはり、歯も硬くなるので、抜くのが大変になります。

親知らずの虫歯を放置すると虫歯の穴や範囲が広がり、隣の健康な歯まで悪影響を及ぼしてしまいます。

親知らずが完全に表に出てきている場合は、歯ブラシも奥まであてることができますが、中にもぐっていて不潔になっている場合は、もぐっている親知らずと、隣の歯との間に食べカスがはさまったり、菌が入っている状態になり、長い間不潔になってしまいます。

目には見えなくても、中で虫歯になっている親知らずも多いので、親知らずは症状が出ないうちに早めに抜くことがポイントです。

また、親知らずは、一番奥の歯で、歯ブラシも届きにくいので、知らないうちに虫歯になっていることがほとんどです。

痛みが出てきてから、抜くのは大変で、痛みの症状が落ち着くまで抜けない事もあります。

親知らずの虫歯が神経に達していると、我慢できないほどの強い痛みを伴います。

痛み止めが効かなくなる方や、寝込むほどの痛みを訴える方もいます。

気が付かないうちに、虫歯が悪化していることもあるので、レントゲンで親知らずが確認された場合、違和感が出てきた場合は、早めに歯科で相談して、親知らずを抜いたほうが良いでしょう。

親知らずの虫歯の状態がひどいと、顎や喉にも炎症が広がります。

菌が口の中に広まってしまうために、ひどい痛みが出て、唾をのみ込むのも大変になることもあります。

症状が悪化する前に、抜くことが大切で、痛みが出てきてから抜くと、回復も遅くなり、痛みも長引くことが多いです。

歯医者が苦手な人、怖い人は、抜くことが出来ないと放置している人も多いでしょう。

痛みが出るまで放置しておくと、治療が大変になったり、痛みも悪化して、ひどくなります。

痛みが出る前に抜くことが大切で、親知らずを抜いてしまえば、健康な歯を保つことができるし、安心です。

当院では、無痛治療を行っているので、痛みを感じないで治療を受けることができます。

また、患者さんの心のケア、心配事やご相談にも応じていますので、ご安心くださいませ。

親知らずは、放置しておくほど治療が大変になるので、早めにケアすることが大切です。

 

大阪梅田の歯医者なら大阪デンタルクリニック

 

インプラントバナー 矯正バナー