歯医者ブログ

親知らずは抜いたほうがいい?気になる親知らずのあれこれ!

みなさんこんにちは。「親知らずは抜いたほうがいいんですか?」という質問を良く頂きます。

結論から言うと、親知らずは抜く必要がない場合もありますが、結果的に抜いたほうが良いという場合が多い印象です。

とはいえ、親知らずを抜く際は、「抜く時が痛そうで怖い」「時間がかかりそう」「抜いた後腫れそう」など不安などがいっぱいな筈です。

そんな時、「辛い思いをして抜くなんて。なんで親知らずは生えてくるんだろう」と多くの方が一度は思ったことがあると思います。

そこで今回は、治療前に知っておきたい、親知らずに関するあれこれについて詳しく解説したいと思います。

■親知らずとは?

親知らずとは、大臼歯の中で最も後ろに位置する歯で、第三大臼歯(だいさんだいきゅうし)もしくは智歯(ちし)と呼ばれます。これは前歯から数えて8番目の奥歯で、永久歯の中で最後に発育するため、大体18歳ころから20代にかけて生えてきます。

基本的に15歳前後で全ての永久歯が生え揃うのですが、親知らずは10代後半から20代前半にかけて生えてきます。

昔は人の寿命が短く、この歯が「親に知られることなく生えてくる」ことが多かったことから、親知らずと呼ばれていると言います。

■親知らずが生えてくる人と生えてこない人の違い

一般的に親知らずは上顎の左右2本と下顎の左右2本の計4本ありますが、中には親知らずが全く生えてこない人もいらっしゃいます。

親知らずが生える人と生えない人の違いには、顎の骨の大きさが大きく関係していると考えられます。

はるか昔の私たちの先祖の暮らしにおいて、親知らずは生きていくうえで必要とされていました。

かつての人間は固い木の実や動物の肉などを食べていたため、顎の骨が現代人よりも発達しており、歯が生えるスペースが広かったと考えられています。

一方現代人の顎の骨は、食生活の変化によりどんどん小さくなってきている傾向があり、親知らずが生える余地が少なくなり、埋まったままになることが多いのです。

そのため、顎骨がしっかりと大きい人は親知らずが問題なくきちんと生えている場合が多いです。

■親知らずを抜いたほうがいい場合

基本的に親知らずを抜いて悪いことはありませんが、一つ注意があります。

完全に親知らずが生えてきてしまった場合、奥歯には歯ブラシが届きにくいので虫歯のリスクが高まります。そのため、抜歯を推奨している歯科医院がほとんどです。

抜歯をする必要がない場合もありますが、ここでは親知らずを抜歯した方がいい場合の特徴についてご紹介いたします。

・歯茎の中で横向きに生えている
レントゲンで撮影した際、親知らずが横向きに歯茎の下に埋まっている状態だと分かる場合があります。

この症状を水平埋伏智歯と呼びます。この場合、横向きに倒れて手前の歯を押してしまうため、痛みを引き起こしたり顎関節症の原因になることもあります。

またそこに汚れが溜まり、炎症の原因になる可能性があります。

・親知らずの一部が歯茎から見えている
歯茎の下で横向きや斜めになっている親知らずの一部が、歯茎の外に生えていることがあります。

この場合、少しだけ生えた親知らずと手前の歯の間にどんどん汚れや歯石が溜まり、虫歯や歯周病、炎症のリスクを高めてしまいます。

・特に問題なく完全に埋没している場合
レントゲンで撮影した際、親知らずが完全に埋没してしまっていることが分かっても、特に現段階では悪い影響がない場合もあります。

その場合は抜歯の必要はありませんが、いつどのタイミングで親知らずが生えてくるかわからないので、将来のリスクを考えて、早めに抜歯することも選択肢に入れておきましょう。

■親知らずによる嫌なトラブル

・食べかすによる炎症
親知らずを放置しておくと、「下顎智歯歯周炎」という病気になりやすくなります。

特に親知らずが半分だけ生えている状態は、要注意です。親知らずと前方にある歯との間は歯ブラシが届きにくいため、食べカスが溜まりやすくなるのです。

このような状態になると、この食べカスが細菌によって腐敗し炎症を引き起こすのです。

・顎関節症を招く
親知らずが異常な生え方をすると、歯並びがおかしくなってしまい、正しくない咬み合わせが習慣化し顎の関節に負担がかかってしまうことで「顎関節症」を招くおそれもあります。

・歯並びが悪くなる
親知らずは既存の歯並びを悪くさせることもあります。

歯列の最後に位置する親知らずは、正常に生えるスペースが狭いため隣の第二大臼歯を圧迫し続けることになります。

これによって、歯列全体が押され歯並びをより悪くする原因になるのです。

そのため、歯科医師が正常に親知らずが生えてくる前に、親知らずの抜歯をすることを勧めるのです。

・親知らずによる感染症
下顎の親知らずは炎症が広がりやすく、感染を放置すると、その周囲の組織にも広がっていきます。

頬や顔全体が痛みと共に腫れあがり、さらにひどくなると喉にまで炎症が広がり食べ物や飲み物を喉に通すことが難しくなります。

さらにこの炎症が進行すると、口が開かなくなったり、発熱や悪寒などの症状があらわれたりもします。

最悪の場合ですが、胸まで炎症が広がると、一気に心臓周辺にまで広がるため、死亡することもあるのです。

しかしこのような事態は非常にまれです。親知らずによる痛みや腫れを感じたら早いうちに歯科医院で診てもらいましょう。

■親知らずを抜かなくても良いこともある!?

ここまで聞くと、「結局は親知らずは抜いた方がいいのか」と思われるかもしれませんが、実は親知らずを抜かなくても良いことはあります。

例えば、他の奥歯を抜歯しなければいけない場合には、敢えて残してある親知らずを移植して、その歯の代役にできる可能性があります。

絶対できるとは限りませんが、事故やケガ、虫歯などで歯が欠けたり抜歯せざるをえなくなったりした場合に、代役として移植することが可能な場合があります。

その場合はしっかりと担当の歯医者さんと相談してみましょう。

■まとめ

以上、親知らずに関するあれこれについて詳しく解説いたしました。

一般的に親知らずは抜いた方がいいですが、敢えて将来のリスクを考え、移植のために残しておくことも可能です。

しかし、親知らずによる痛みや腫れなどの放置は危険な症状を引き起こすリスクもあるので、その場合はすぐに診察を受けましょう。

大阪デンタルクリニックは無痛治療をモットーに、歯医者が苦手な方でも楽しく快適に通院できる歯科医院を目指しております。

これを機に親知らずに関するトラブルでお困りの際は、ぜひ大阪デンタルクリニックへご来院くださいませ。

大阪梅田の歯医者なら土日曜診療の大阪デンタルクリニック
http://osaka-dental-clinic.com

インプラントバナー 矯正バナー