訪問歯科

訪問歯科の基本

訪問歯科ってなに?

「訪問歯科」とは、歯のことで困っていても歯科医院に通院できないでいる人を対象に、歯科医師や歯科衛生士が自宅や施設に訪問して治療することをいいます。

細かく分けると、“歯が急に痛くなった”とか“入れ歯が合わなくて困っている”といった人の求めに応じて訪問治療を行うことを「往診」といい、定期的な日 時を決めて訪問してケアや治療を行うことを「在宅診療」といいますが、一般的に両方をあわせて「訪問歯科」と呼ばれています。

 

受けられるのはどういう人?

保険を使って訪問歯科を受けるには、いくつかの決まりがあります。

まずひとつは、自分で近くの歯科医院まで通うことができない正当な理由がある人に限られます。具体的には“高齢で介護を受けている人”や“身体が不自由で 通院が難しい人”が対象となり、通うのが面倒、通う時間がない、といった理由での保険診療は認められません。

もうひとつは、訪問する歯科医院から半径16キロ以内に自宅や施設があることです。訪問歯科の診療を申し込む際には、訪問範囲内かどうかを確認してください。

 

どういう治療ができる?

基本的には、歯科医院で保険治療として行われているほとんどの治療を受けることが可能です。但しまれにですが、訪問診療用の機材では対応しきれない場合もあります。

 

どういうお金がかかる?

治療には、医療保険と介護保険が適用されますので、それぞれ定められた分の自己負担金がかかります。

医療保険の点数には、訪問診療料が加算されます。自己負担金は1割から3割までとなりますが、「生活保護受給」や「心身障害者医療受給」による公費負担がある場合もあります。 介護保険を利用した場合、訪問歯科診療はケアプランとは別枠となり、介護保険の自己負担金が発生します。

また、訪問するためにかかった交通費を請求することが認められていますので、歯科医院によっては交通費が発生する場合がありますので、申し込む際に確認してください。

 

訪問歯科を頼んでみよう

誰に頼めばいい?

訪問歯科を行っている歯科医院は、まだまだ多くはありません。近所の歯科医院に直接電話をしても断られてしまう場合があるようです。

自宅に訪問してもらいたい場合は、ケアマネージャーの方や地域包括支援センターなどに問い合わせてみると探してくれます。

施設に訪問してもらいたい場合は、施設の方に聞いてみてください。訪問歯科医院と提携していたり、以前に他の方が利用した医院を紹介してくれます。

 

どんな先生がいい?

訪問歯科では、いろいろな場所で様々な身体状態の人に対して治療を行わなければならないため、経験がありコミュニケーションの上手な医師の方が安心です。
例えば、介護事業所や施設に医師の印象や口コミでの評判を聞いてみたりするのもよいでしょう。

 

どんな治療が受けられる?

訪問治療でも通院で受けられる治療のほとんどを受けることができます。
その中でもよく行われる治療としては、以下のようなものがあります。

  • 虫歯や歯周病の治療
  • 入れ歯の作成や調整・修理
  • 口腔ケア
  • 摂食嚥下障害のリハビリテーション

 

いくらくらい必要?

保険や歯の状態などによって違いますのであくまで目安ですが、医療保険の自己負担金はだいたい下の通りとなります。
また、介護保険を利用された場合は、医療保険の自己負担金とは別に、介護保険の1割負担として月に350~2,400円がかかります。

医療保険の自己負担金(1割負担として)

 

虫歯の治療

1日1,500~4,000円程度×1日~5日程度

入れ歯の作成(上下どちらか片方の場合)

総額10,000~18,000円程度(4~8日程度)

入れ歯の調整・修理

総額3,000×5,000円程度(1日~3日程度)

 

訪問歯科治療の流れ

受ける前の準備

用意しておくもの

・各種保険証(医療保険、後期高齢者医療保険、介護保険など)
・飲んでいる薬の内容がわかるもの(お薬手帳、服用説明書など)

治療の場所

・流しなどの水回り
・コンセント
・脇に一人分のスペースがとれる場所

治療の立ち会い

・治療に際しては、出来るだけ家族の方が立ち会って下さい。
特に初回は、これからどういう治療を行っていくか相談するためにも、立ち会うことを薦めます。

 

治療の流れ

  • 医師と歯科衛生士や歯科助手が、ポータブル歯科機材をもって訪問してきます。
    たいていは車で来ますので、近くの駐車場などを伝えておくとよいでしょう。
  • 治療は、イスやベッドの上などで行われ、1回の治療には約30分程度かかります。
    また、口腔ケアやリハビリテーションでは、口腔内の清掃だけでなく、歯ブラシを使ったリハビリから発声によるリハビリまで、幅広いケアが行われます。
  • 治療が終わったら、次回の予約や自己負担金の支払いを行って終了です。 前の人の治療が長引いたり、車が混んでいたりすることも考え、予約時間には幅を持たせた方がよいでしょう。

 

支払い

保険の自己負担金の支払い方法は、その日の治療分を毎回支払う方法や、前回の治療分を毎回支払う方法、月に1回まとめて支払う方法、など歯科医院によって違いますので、初回時に確認しておくとよいでしょう。
また、支払いのトラブルを避けるためにも、領収書は必ずもらってください。

インプラントバナー 矯正バナー