スタッフブログ

知覚過敏の症状と虫歯との違い

こんにちは。医療法人 優祉会 大阪デンタルクリニック 歯科医師の池本です。

 

日本人の3人に1人が冷たいものに歯がしみる症状あり! と言われています。

冷たいものに歯がしみた時に、これが知覚過敏かな?と思ってもこの症状はもしかしたら虫歯かもしれないと思う人も多いかもしれません。

まず以下の症状から自身が知覚過敏の可能性が高いのか、今すぐに歯科医院受診が必要な状態なのか是非参考にしてみてください。

 

①冷たい飲み物食べ物・熱い飲み物食べ物に歯がしみる。

②歯磨きのとき歯ブラシの毛先が当たるとしみる

③甘いもの酸っぱいものに歯がしみる

④歯肉が下がって歯の根元が露出している

⑤しみる痛みは飲んだり食べたりした後、10秒以内で治まる

⑥歯ぎしりがある

⑦冷たい風に当たったときに歯がしみる   

 

以上が簡単にできる知覚過敏のセルフチェックの項目です。1つでも当てはまれば知覚過敏を疑ってみてください。

虫歯と知覚過敏では非常に症状が似ているため、虫歯と勘違いし易いです。

また虫歯と知覚過敏は治療法が異なりますのでそれぞれに合わせた対処法が必要となります。

インプラントバナー 矯正バナー