親知らずが虫歯になった

「親知らずが虫歯になってしまいました。歯並び的に問題はないのですが、治療するよりも抜歯してしまった方がいいのでしょうか?」

親知らずの虫歯を治療した方が良い場合・抜歯をした方が良い場合

親知らずは一番奥に生えているため、お手入れがしにくく虫歯になりやすい歯です。

 

また、虫歯が進行していても気づきにくいため、治療せずに抜歯してしまうことが多い歯でもあります。

 

ですが、実は治療して、残しておいたほうがいい親知らずもあるんです。

 

親知らずの虫歯を治療をして残したほうがいい場合

1,まっすぐに生えていて、噛み合わせが良い歯

親知らずは斜めにはえてしまっていて、噛み合わせに参加していないことが多いです。

 

ですが、まっすぐに生えていて、きちんと噛める歯である場合は、他の歯と同じように治療した方がいいでしょう。

 

2,他の歯の方が深刻な虫歯になっている場合

親知らずのほうが虫歯の状況が軽い場合、治療して残した方がいいでしょう。

 

これは、他の歯の虫歯治療で神経をぬかないといけなくなってしまった場合、歯の寿命が短くなってしまうので、親知らずを治療して歯を残してあげたほうがいい場合もあります。

 

親知らずの虫歯を抜歯した方が良い場合

1,まっすぐ生えていない場合

斜めや横向きに生えている親知らずが、まっすぐになるということはまずありません。

 

また、このような向きに生えている場合は虫歯が移りやすいので、抜歯をして、他の歯をケアしたほうがいいでしょう。

 

2,神経にまで達している場合

親知らずの虫歯が神経にまで進行していると、治療しても長くはもたない場合が多いです。

 

というのも、親知らずの根は他の歯とくらべて極端に曲がっていることが多いので、根の治療が非常に難しいからです。

 

再発の可能性を考えると、抜歯したほうがいい場合が多いでしょう。

 

終わりに

親知らずの虫歯を治療するかどうかは、生え方や虫歯の状況により変わります。

また、虫歯を再発させないよう、口内環境を清潔に整えていきましょう。

大倉 賢郎

医療法人優祉会
大阪デンタルクリニック院長

詳しいプロフィールはこちら