大阪 梅田のインプラント・矯正・審美歯科なら日曜日も診療の大阪デンタルクリニックにおまかせください!

歯が痛い


歯が痛いイメージイラスト


その痛みは、小さいものですか、大きいものですか?
それとも、ある条件の時だけ痛くなりますか? まずは、クリニックにご来院ください。
なかなかご自分ではわかりにくい事も、歯科医院では、お口の中を拝見し診断いたします。

我慢できないほどの痛みでしたら、早急に治療が必要です。
急に痛く無くなったとしても、体の中では悪化しているケースも少なくはありません。

また小さい痛みでも、歯が痛いという事は、あなたの体が、異常を検知してあなたに報告しているという事です。
歯医者さんにお口の中を隅々まで診てもらい、最適な治療方法を行ってください。


リンク:大阪デンタルクリニックの一般歯科


原因

・虫歯の恐れ

通常、歯の表面は痛みを感じないエナメル質に覆われていますが、虫歯が原因でエナメル質が侵食され、痛みを感じる象牙質と言われる部分が、露出してしまっている状態になっている恐れがあります。


・歯髄炎の恐れ

歯髄と呼ばれる歯の中に神経の通っている管があるのですが、そこが虫歯などの進行により炎症が起こって痛みが出ている可能性があります。
神経が通っている部分の炎症という事もあり、歯の痛みの中で、最も大きな痛みが発生します。


・歯周病の恐れ

歯の周りにある歯周組織に何らかの病変がある場合、炎症が起こり、歯肉を圧迫したりすることで、痛みが生じます。
また、下記の知覚過敏症のように歯肉が縮み、痛みを感じる部分の露出により痛みを感じる場合もあります。


・知覚過敏症の恐れ

通常、歯の表面は痛みを感じないエナメル質に覆われていますが、その表面が何らかの理由で溶けたり、削れたり等が起こり、痛みを感じてしまう象牙質と言われる部分が、露出してしまっている状態になっている恐れがあります。


原因は様々で、歯周病や加齢などにより、歯肉が縮み、通常歯肉に囲まれている歯の根っこの部分(歯肉に埋まっている部分はエナメル質がありません)が露出してしまっていたり、
歯の食いしばり癖のある人や、酸性の強い食べ物を長時間、頻繁に摂取するような習慣がある方は、
表面がすり減ったり、溶けたりして、象牙質が露出して、知覚過敏症になる事も考えられます。



健康な歯のイラスト
※健康な歯

痛みが生じる虫歯のイラスト
※痛みが生じる虫歯
重度の虫歯のイラスト
※重度の虫歯

リンク:大阪デンタルクリニックの一般歯科

当院の治療内容

治療費のお支払いについて

 当院では、クレジットカードでのお支払いはもちろん、最大84回払いの固定年利5.8%のデンタルローンの取り扱いもございます!!(なんと10回払いまでだと無金利です!!)
 自費診療のインプラントなどの治療がしたくても、高い治療費にお悩みの方にお勧めです。国が定める医療費控除についてもご紹介しております。
 詳しくは下記ページをご覧ください。